アラームの管理

アラームをカスタマイズすると、独自の監視要件に基づいてStorageGRID Webscaleシステムをカスタマイズできます。

カスタマイズしたアラームは、グローバルに(グローバル カスタム アラーム)、または個々のサービスに(カスタム アラーム)設定できます。カスタム アラームはデフォルト アラームより優先されるアラーム レベルで作成するか、または、デフォルト アラームのない属性に対して作成できます。アラームをカスタマイズできるのは、Grid Topology Page Configuration権限とOther Grid Configuration権限を持つアカウントのみです。
注意:デフォルトのアラーム設定を使用することを推奨します。アラーム設定を変更する場合は十分注意してください。たとえば、あるアラームのしきい値を上げると、重要な処理を完了できなくなるまで潜在的な問題が検出されない可能性があります。アラームの設定を変更する必要がある場合は、変更案についてテクニカル サポートと検討する必要があります。

アラーム監視の概要については、『グリッド入門』を参照してください。アラーム コードの一覧については、『トラブルシューティング ガイド』を参照してください。