ストレージ プールの設定

ストレージ プールは、ストレージ ノードまたはアーカイブ ノードを論理的にグループ化したものです。ストレージ プールは、オブジェクト データの格納場所を決定するために設定します。イレイジャー コーディング プロファイルの作成時には、ストレージ ノードを使用するストレージ プールを選択します。レプリケーション用のILMルールの設定時には、ストレージ ノードまたはアーカイブ ノードを使用するストレージ プールを選択します。

開始する前に

タスク概要

ストレージ プールを作成するときは、次のガイドラインに従います。

手順

  1. [ILM] > [Storage Pools]を選択します。
  2. ストレージ プールを作成します。
    1. 最後のストレージ プールの行の右端にある[Insert]挿入アイコン)をクリックします。

      [Storage Pools]ページ
    2. ストレージ プールの名前を入力します。
      イレイジャー コーディング プロファイルとILMルールを設定するときに識別しやすい名前を使用してください。
    3. [Storage Grade]ドロップダウン リストで、ILMルールがこのストレージ プールを使用する場合にオブジェクト データのコピー先となるストレージのタイプを設定します。
      [All Disks]および[Archive Nodes]はシステムに事前定義されたグレードです。
    4. [Site]ドロップダウン リストで、ILMルールがこのストレージ プールを使用する場合にオブジェクト データのコピー先となるサイトを設定します。
      [All Sites]はシステムに事前定義されたオプションです。

      サイトを選択すると、グリッド ノードの数とストレージ容量の情報([Installed]、[Used]、[Available])が自動的に更新されます。使用する予定のILMルールおよび作成するコピーのタイプを十分にサポートできるストレージおよびストレージ ノードが、ストレージ プールに含まれていることを確認します。

    5. ストレージ グレードとサイトの組み合わせをストレージ プールに追加するには、[Site]の横にある[Insert]挿入アイコン)をクリックします。
      LDRサービスとARCサービスの両方を含むストレージ プールは作成できません。ストレージ プールには、ディスクとアーカイブ メディアのどちらか一方だけを含めます。
    6. ストレージ グレードとサイトの組み合わせを削除するには、[Site]の横にある[Delete]削除アイコン)をクリックします。
  3. ストレージ プールを削除するには、ストレージ プール名の横にある[Delete]削除アイコン)をクリックします。保存済みのILMルールで使用されているストレージ プールは削除できません。
  4. [Apply Changes]をクリックします。
    注:ILMポリシーで現在使用中のストレージ プールに対する変更は、ILMポリシーが再アクティブ化されるまでは有効になりません。