ILMアクティビティの監視

ILMによる評価を待機しているオブジェクト、またはILMによる評価のためにキューに登録されているオブジェクトの数を監視できます。

Information Lifecycle Management(ILM;情報ライフサイクル管理)指標を使用すると、ILM実装に対してオブジェクトが評価される速度を監視できます。これらの指標はダッシュボードにも表示できます。

ILMアクティビティを監視するには、[Grid]をクリックします。次に、[Storage Node] > [LDR] > [Data Store] > [Overview] > [Main]を選択します。

次の表は、ILMアクティビティの統計をまとめたものです。
サービス / コンポーネント 属性名 コード 説明
[LDR] > [Data Store] > [ILM Activity] ILM Implementation ILMN 現在使用中のILMポリシー。
ILM Version ILMV 現在使用中のILMポリシーのバージョン番号。
Awaiting - All QUSZ ILMによる評価を待機しているこのノード上のオブジェクトの合計数です。
Awaiting - Client CQUZ クライアント処理(取り込みなど)からILMによる評価を待機しているこのノード上のオブジェクトの合計数です。
Awaiting - Background Scan BQUZ スキャンからILMによる評価を待機しているこのノード上のオブジェクトの合計数です。
Scan Rate SCRT このノードが所有するオブジェクトがILM用にスキャンおよびキューに登録される速度です。
Scan Period - Estimated SCTM このノードでILMのフル スキャンが完了するまでの推定時間です。
注:フル スキャンは、このノードが所有するすべてのオブジェクトにILMが適用されたことを保証するものではありません。
Awaiting - Evaluation Rate EVRT このノードでILMポリシーに照らしてオブジェクトが評価されている現在の速度です。
Repairs Attempted REPA このノードで試行された、レプリケートされたデータに対するオブジェクト修復処理の合計回数です。この数は、LDRがリスクの高いオブジェクトの修復を試行するたびに増分します。グリッドがビジー状態になった場合は、リスクの高いILMの修復が優先されます。
注:修復後にレプリケーションに失敗した場合は、同じオブジェクトの修復で再度増分される可能性があります。
次の表は、オブジェクト転送の統計をまとめたものです。
サービス / コンポーネント 属性名 コード 説明
[LDR] > [Data Store] > [Object Transfer] Active Transfers DCdA 別のストレージ デバイス(ストレージ ノードまたはアーカイブ ノード)に転送中のオブジェクトの合計数です。
Transfer Rate DCdR 別のストレージ デバイス(ストレージ ノードまたはアーカイブ ノード)にオブジェクトを転送している現在の速度です。
Total Transfers DCdT このサービスによって生成されたオブジェクト転送の合計数です。
次の表は、オブジェクト削除の統計をまとめたものです。
サービス / コンポーネント 属性名 コード 説明
[LDR] > [Data Store] > [Object Deleting] Delete Rate DCpR オブジェクトの不要なコピーがディスクから削除される速度です。
Deletes DCpT 削除されたオブジェクトの不要なコピーの合計数です。