サービスまたはコンポーネントのカスタム アラームの作成

アラームの設定をカスタマイズして、StorageGRID Webscaleシステムの監視方法をカスタマイズできます。グローバル アラームに加えて、個々のサービスまたはコンポーネントに対してアラームを作成できます。

開始する前に

  • グリッド管理インターフェイスにはサポートされているブラウザを使用してサインインする必要があります。
  • このタスクを実行するには、特定のアクセス権限が必要です。詳細については、管理ユーザ アカウントおよびグループを使用したシステム アクセスの制御に関する情報を参照してください。

タスク概要

デフォルト アラームの値は、どうしても必要な場合以外は変更しないでください。デフォルト アラームを変更すると、アラームとなるはずの問題が発覚しなくなる危険があります。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. グリッド トポロジ ツリーでサービスまたはコンポーネントを選択します。
  3. [Configuration] > [Alarms]をクリックします。

    [Configuration] > [Alarms]ページ
  4. [Custom alarms]テーブルに新しい行を追加します。
    • 通知を停止するメーリング リストの横にある[Edit]編集アイコン:最初のエントリの場合)または[Insert]挿入アイコン)をクリックして新しいアラームを追加します。
    • [Default alarms]テーブルまたは[Global Custom alarms]テーブルからアラームをコピーします。変更するアラームの横にある[Copy]コピー アイコン)をクリックします。
  5. カスタム アラームの設定に必要な変更を加えます。
    項目 説明
    Enabled アラームを有効 / 無効にする場合に選択 / 選択解除します。
    Attribute

    選択したサービスまたはコンポーネントに該当するすべての属性のリストから、監視対象の属性の名前とコードを選択します。

    属性に関する情報を表示するには、属性の名前の横にある[Info]情報アイコン)をクリックします。

    Severity アラームのレベルを示すアイコンとテキストです。
    Message アラームの理由です(例:connection lost、storage space below 10%)。
    Operator 現在の属性値を[Value]のしきい値に照らして評価するための演算子です。
    • = 等しい
    • > より大きい
    • < より小さい
    • >= 以上
    • <= 以下
    • ≠ 等しくない
    Value

    アラームのしきい値です。演算子を使用して、属性の実際の値に照らして評価します。

    1つの数値、コロンで指定した範囲(1:3)、または数値および範囲をカンマで区切って入力できます。

    Additional Recipients [Configuration] > [Notifications]ページで設定したメーリング リストに加えて、アラームがトリガーされた場合に通知を送信するEメール アドレスのリストです。カンマで区切って指定します。
    注:メーリング リストを使用するには、SMTPサーバをセットアップする必要があります。メーリング リストを追加する前に、SMTPが設定されていることを確認してください。

    カスタム アラームの通知で、グローバル カスタム アラームまたはデフォルト アラームの通知を上書きできます。

    Actions 次の操作のためのボタンがあります。

    編集アイコン 行の編集

    挿入アイコン 行の挿入

    削除アイコン 行の削除

    ドラッグ アンド ドロップ アイコン ドラッグ アンド ドロップで行を上下に移動

    コピー アイコン 行のコピー

  6. [Apply Changes]をクリックします。