ストレージ ノード設定

環境の要件に応じて、適用可能ないくつかのストレージ ノード設定があります。

ストレージ ノード構成の設定を以下の表にまとめて示します。
サービス / コンポーネント 属性名 コード 説明
LDR HTTP State HSTE LDRサービスを次のいずれかに設定します。
  • Offline:処理は許可されず、クライアント アプリケーションがLDRサービスへのHTTPセッションを開こうとするとエラー メッセージが表示されます。アクティブなセッションは正常終了します。
  • Online:処理は正常に続行されます。
Auto-Start HTTP HTAS

LDRサービスが再開されたときにHTTPコンポーネントを有効にします。選択しない場合、HTTPインターフェイスは明示的に有効にするまでOfflineのままです。

[Auto-Start HTTP]を選択した場合、再起動時のシステムの状態は、[LDR] > [Storage]コンポーネントの状態によって異なります。[LDR] > [Storage]コンポーネントが再起動時にRead-onlyの場合は、HTTPインターフェイスもRead-onlyです。[LDR] > [Storage]コンポーネントがOnlineの場合は、HTTPもOnlineです。それ以外の場合は、HTTPインターフェイスはOffline状態のままです。

[LDR] > [Data Store] Reset Lost Objects Count RCOR このサービス上にある損失オブジェクト数のカウンタをゼロにリセットします。
[LDR] > [Storage] Storage State – Desired SSDS

ストレージ コンポーネントに求める状態をユーザが設定できます。LDRサービスはこの値を読み取り、指定されたステータスに一致するように試みます。値は再起動しても保持されます。

たとえば、この設定を使用すると、ストレージに十分な空き容量がある場合でも、ストレージを強制的に読み取り専用にすることができます。これはトラブルシューティングに役立ちます。

この属性には次のいずれかの値を指定できます。
  • Offline:LDRサービスは[LDR] > [Storage]コンポーネントをオフラインにします。
  • Read-only:LDRサービスはストレージを読み取り専用にし、新しいコンテンツの受け入れを停止します。開いているセッションが閉じられるまでの短時間の間、コンテンツが引き続きストレージ ノードに格納される可能性があります。
  • Online:通常のシステム運用中は、値をOnlineのままにします。ストレージ コンポーネントがStorage State – Currentの場合、使用可能なオブジェクト ストレージ容量など、LDRサービスの状態に基づいてサービスによって動的に設定されます。容量が小さい場合、コンポーネントは読み取り専用になります。
Health Check Timeout SHCT 指定した時間(秒)内に健常性チェック テストが完了すると、ストレージ ボリュームは健常とみなされます。この値は、サポートの指示があった場合にのみ変更してください。
[LDR] > [Verification] Reset Missing Objects Count VCMI OMIS(Missing Objects Detected)の数をリセットします。フォアグラウンド検証の完了後にのみ使用してください。欠落しているレプリケートされたオブジェクト データは、StorageGRID Webscaleシステムによって自動的にリストアされます。
Verify FVOV フォアグラウンド検証を実行するオブジェクト ストアを選択します。
Verification Rate VPRI バックグラウンド検証を実行する際の優先度を設定します。バックグラウンド検証レートの設定に関する情報を参照してください。
Reset Corrupt Objects Count VCCR バックグラウンド検証中に見つかった、破損しているレプリケートされたオブジェクト データのカウンタをリセットします。このオプションを使用すると、OCOR(Corrupt Objects Detected)アラームの状態をクリアできます。詳細については、『トラブルシューティング ガイド』を参照してください。
[LDR] > [Erasure Coding] Reset Writes Failure Count RSWF イレイジャー コーディング オブジェクト データのストレージ ノードへの書き込みエラーのカウンタをゼロにリセットします。
Reset Reads Failure Count RSRF イレイジャー コーディング オブジェクト データのストレージ ノードからの読み取りエラーのカウンタをゼロにリセットします。
Reset Deletes Failure Count RSDF イレイジャー コーディング オブジェクト データのストレージ ノードからの削除エラーのカウンタをゼロにリセットします。
Reset Corrupt Copies Detected Count RSCC ストレージ ノード上にあるイレイジャー コーディング オブジェクト データの破損コピー数のカウンタをゼロにリセットします。
Reset Corrupt Fragments Detected Count RSCD ストレージ ノード上にあるイレイジャー コーディング オブジェクト データの破損フラグメントのカウンタをゼロにリセットします。
Reset Missing Fragments Detected Count RSMD ストレージ ノード上にあるイレイジャー コーディング オブジェクト データの欠落フラグメントのカウンタをゼロにリセットします。フォアグラウンド検証の完了後にのみ使用してください。
LDR > Replication Reset Inbound Replication Failure Count RICR インバウンド レプリケーション エラーのカウンタをゼロにリセットします。これを使用すると、RIRF(Inbound Replication – Failed)アラームをクリアできます。
Reset Outbound Replication Failure Count ROCR アウトバウンド レプリケーション エラーのカウンタをゼロにリセットします。これを使用すると、RORF(Outbound Replications – Failed)アラームをクリアできます。
Disable Inbound Replication DSIR

メンテナンスまたはテストの手順の一環としてインバウンド レプリケーションを無効にする場合に選択します。通常の運用中はオフのままにします。

インバウンド レプリケーションを無効にすると、オブジェクトをストレージ ノードから読み出してStorageGRID Webscaleシステム内の別の場所へコピーすることはできますが、他の場所からこのストレージ ノードへオブジェクトをコピーすることはできません。つまり、LDRサービスは読み取り専用です。

Disable Outbound Replication DSOR

メンテナンスまたはテストの手順の一環としてアウトバウンド レプリケーション(HTTP読み出し用のコンテンツ要求を含む)を無効にする場合に選択します。通常の運用中はオフのままにします。

アウトバウンド レプリケーションを無効にすると、このストレージ ノードにオブジェクトをコピーすることはできますが、ストレージ ノードからオブジェクトを読み出してStorageGRID Webscaleシステム内の別の場所へコピーすることはできません。つまり、LDRサービスは書き込み専用です。

[LDR] > [HTTP] Reset HTTP Counts LHAC すべてのHTTPトランザクションのカウンタをゼロにリセットします。