StorageGRID Webscaleアプライアンスの導入に必要なデータの収集

StorageGRID Webscaleアプライアンスを導入する前に、イーサネット スイッチ ポートおよびIPアドレスに関する情報を収集する必要があります。

タスク概要

StorageGRID Webscaleアプライアンスの接続を参照し、次のワークシートを使用して管理者から情報を収集します。
必要な情報
E2700コントローラの管理ポート1に接続するイーサネット スイッチ ポート(SANtricity Storage Managerの管理ネットワークへのアクセスに使用) E2700コントローラの管理ポート1のスイッチ ポート:
E5600SGコントローラの管理ポート1に接続するイーサネット スイッチ ポート(StorageGRID Webscaleの管理ネットワークへのアクセスに使用) E5600SGコントローラの管理ポート1のスイッチ ポート:
管理ポートのMACアドレスまたはIPアドレス
  • 管理ネットワークにDHCPサーバがある場合は、各コントローラの背面にある管理ポート1の横のラベルに記載されたMACアドレスを入力します。ネットワーク管理者は、このMACアドレスを使用して、DHCPサーバによって割り当てられたIPアドレスを確認できます (一部のE5600SGコントローラでは、電源の投入後に、DHCPによって割り当てられたIPアドレスがデジタル表示ディスプレイに表示されます)。
  • DHCPを使用しない場合は、これらのポートに使用するネットワーク上の静的IPアドレスを入力します。
E2700コントローラの管理ポート1のアドレス:

E5600SGコントローラの管理ポート1のアドレス:
E5600SGコントローラの4つの10GbE光ポートに接続するスイッチ ポート
注:固定ポート構成を使用する場合は、ポート2と4をStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークに接続し、ポート1と3をStorageGRID Webscaleのクライアント ネットワークに接続します。アグリゲート ポート構成を使用する場合は、StorageGRID Webscaleアプライアンスの接続とケーブル配線に関する情報を参照してください。
ポート2のスイッチ ポート:

ポート4のスイッチ ポート:

ポート1のスイッチ ポート:

ポート3のスイッチ ポート:

StorageGRID Webscaleのグリッド ネットワーク インターフェイスのIPアドレス
注:この情報は、ハードウェアの設置作業の時点では特定できない場合があります。
グリッド ネットワークのIPアドレス:
StorageGRID Webscaleのクライアント ネットワーク インターフェイスのIPアドレス
注:この情報は、ハードウェアの設置作業の時点では特定できない場合があります。
クライアント ネットワークのIPアドレス: