StorageGRID Webscaleアプライアンスの接続

StorageGRID Webscaleアプライアンスを設置する前に、コントローラ ポートの使用方法を確認する必要があります。

StorageGRID Webscaleアプライアンスのコントローラには次のポートがあります。この図はSG5660モデルのものです。SG5612モデルでは、コントローラが上下ではなく左右に並んでいます。


接続を示すSG5660の背面図
項目 ポート ポートのタイプ 機能
1 E2700コントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E2700コントローラをSANtricity Storage Managerがインストールされているネットワークに接続します。
2 E2700コントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE2700コントローラをサービス ラップトップに接続します。
3 各コントローラの2つのSASインターコネクト ポート(Ch 1とCh 2)

E2700コントローラ:mini-SAS-HD

E5600SGコントローラ:mini-SAS

2台のコントローラを相互に接続します。
4 E5600SGコントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleの管理ネットワークに接続します。
5 E5600SGコントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE5600SGコントローラをサービス ラップトップに接続します。
6 E5600SGコントローラの4つのネットワーク ポート 10GbE(光ファイバ) E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワーク(使用している場合)に接続します。ポートをボンディングしてコントローラへの冗長パスを構成できます。

E5600SGコントローラの10GbEポートの接続

E5600SGコントローラの4つのネットワーク ポートをボンディングすることで、コントローラへの冗長パスが構成されます。以下の構成が可能です。

これらのポートの設定の詳細については、アプライアンスのケーブル接続の手順を参照するか、該当する『StorageGRID Webscaleソフトウェア インストール ガイド』を参照してください。