E5600SGコントローラの交換

E5600SGコントローラの交換が必要になることがあります。

開始する前に

次の資料を参照する必要があります。

タスク概要

両方のコントローラが動作していて通常の方法でシャットダウンできる場合は、先にE5600SGコントローラをシャットダウンすることでE2700コントローラへの接続を中断できます。
注:StorageGRID Webscaleソフトウェアをインストールする前にコントローラを交換すると、この手順の完了後すぐにStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラにアクセスできない場合があります。StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラには、アプライアンスと同じサブネット上の他のホストからアクセスできますが、他のサブネット上のホストからはアクセスできません。この状態は15分以内に(元のコントローラのいずれかのARPキャッシュ エントリがタイムアウトした時点で)自動的に解消されます。あるいは、古いARPキャッシュ エントリをローカル ルータまたはゲートウェイから手動でパージすれば、すぐにこの状態を解消できます。

手順

  1. 静電気防止処置を施します。
  2. 再接続するときにわかるように、E5600SGコントローラに接続されている各ケーブルにラベルを付けます。
    注意:パフォーマンスの低下を防ぐためにも、ケーブルをねじったり、折り曲げたり、はさんだり、踏みつけたりしないでください。ケーブルを巻くときは、半径が5cm以上になるようにしてください。
  3. StorageGRID WebscaleアプライアンスをStorageGRID Webscaleシステムで実行中の場合は、E5600SGコントローラをシャットダウンします。
    1. サービス ラップトップから、グリッド ノードにログインします。
      1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
      2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
      4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
    2. StorageGRID Webscaleのすべてのサービスを停止します。/etc/init.d/servermanager stop
    3. E5600SGコントローラをシャットダウンします。shutdown -h now
  4. エンクロージャの電源をオフにし、コントローラの背面にあるすべてのLEDとデジタル表示ディスプレイの動作が停止するまで待ちます。
  5. ケーブルを取り外します。
  6. E5600SGコントローラのマニュアルの説明に従って、コントローラを取り外します。
  7. E5600SGコントローラのマニュアルの説明に従って、新しいコントローラを取り付けます。
  8. すべてのケーブルを交換します。
  9. エンクロージャの電源を再度オンにします。
  10. デジタル表示のコードを確認します。
    • E2700コントローラ:

      LEDの最後の状態は99です。

    • E5600SGコントローラ:

      LEDの最後の状態はHA(バージョン1.5の場合)またはSG(バージョン1.3の場合)です。

  11. 交換後の動作を確認するために、ストレージ ノードがグリッド管理インターフェイスに正しく表示されていること、およびアラームが表示されていないことを確認します。