RAIDボリューム構成の設定の変更

60ドライブのSG5660を使用する場合は、導入環境に適したRAIDボリューム構成を選択することができます。RAIDボリューム構成を変更できるのは、StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードの設置を開始する前のみです。

開始する前に

タスク概要

StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードの設置を開始する前に、2つのボリューム構成オプションのいずれかを選択できます。

手順

  1. サービス ラップトップでWebブラウザを開き、StorageGRID WebscaleアプライアンスのRAID 6オプションのWebページにアクセスします。 http://Management_Port_IP:8080/advanced

    Management_Port_IP は、E5600SGコントローラの管理ポート1のIPアドレス(設置時にプロビジョニングしたもの)です。

  2. デフォルト値のDDPからRAID 6に変更する場合は、次の手順を実行します。
    1. [Change volume configuration to RAID6]をクリックします。
    2. 確認のダイアログ ボックスで[OK]をクリックします。
  3. RAID 6からDDPに戻す場合は、次の手順を実行します。
    1. [Change volume configuration to DDP]をクリックします。
    2. 確認のダイアログ ボックスで[OK]をクリックします。