動作しているE2700コントローラの交換

E2700コントローラの動作が最適でない場合、コントローラの交換が必要になることがあります。たとえば、コントローラが動作中に繰り返しハングしてリブートが必要になる場合や、コントローラのリブートに失敗することがある場合は、交換を検討する必要があります。

タスク概要

両方のコントローラが動作していて通常の方法でシャットダウンできる場合は、E5600SGコントローラをシャットダウンすることでE2700コントローラへの接続を中断できます。

手順

  1. 静電気防止処置を施します。
  2. 再接続するときにわかるように、E2700コントローラに接続されている各ケーブルにラベルを付けます。
  3. StorageGRID WebscaleアプライアンスをStorageGRID Webscaleシステムで実行中の場合は、E5600SGコントローラをシャットダウンします。
    1. サービス ラップトップから、グリッド ノードにログインします。
      1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
      2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
      4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
    2. StorageGRID Webscaleのすべてのサービスを停止します。/etc/init.d/servermanager stop
    3. E5600SGコントローラをシャットダウンします。shutdown -h now

      E5600SGコントローラをシャットダウンすると、E2700コントローラへの接続が中断されて交換できるようになります。

  4. エンクロージャの電源をオフにして両方のコントローラの電源を切ります。
  5. コントローラの背面にあるすべてのLEDとデジタル表示ディスプレイの動作が停止するまで待ちます。
  6. ケーブルを取り外します。
  7. E2700コントローラのマニュアルの説明に従って、コントローラを取り外します。
  8. E2700コントローラのマニュアルの説明に従って、新しいコントローラを取り付けます。
  9. すべてのケーブルを交換します。
  10. コントローラの電源をオンにします。
  11. デジタル表示のコードを確認します。
    • E2700コントローラ:

      LEDの最後の状態は99です。

    • E5600SGコントローラ:

      LEDの最後の状態はHA(バージョン1.5の場合)またはSG(バージョン1.3の場合)です。