アプライアンスのケーブル接続

2台のコントローラをSASインターコネクト ケーブルで相互に接続し、管理ポートを適切な管理ネットワークに接続し、E5600SGコントローラの10GbEポートをStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワーク(オプション)に接続する必要があります。

タスク概要

ケーブルを接続する際は、次の図を参考にしてください。上がE2700コントローラで、下がE5600SGコントローラです。この図はSG5660モデルのものです。SG5612モデルでは、コントローラが上下ではなく左右に並んでいます。
ケーブル配線図
項目 ポート ポートのタイプ 機能
1 E2700コントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E2700コントローラをSANtricity Storage Managerがインストールされているネットワークに接続します。
2 E2700コントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE2700コントローラをサービス ラップトップに接続します。
3 各コントローラの2つのSASインターコネクト ポート(Ch 1とCh 2)

E2700コントローラ:mini-SAS-HD

E5600SGコントローラ:mini-SAS

2台のコントローラを相互に接続します。
4 E5600SGコントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleの管理ネットワークに接続します。
5 E5600SGコントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE5600SGコントローラをサービス ラップトップに接続します。
6 E5600SGコントローラの4つのネットワーク ポート 10GbE(光ファイバ) E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワーク(使用している場合)に接続します。ポートをボンディングしてコントローラへの冗長パスを構成できます。
E5600SGコントローラの10GbEネットワーク ポートの接続において、バージョン1.7以降のStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラでは次の2つの構成がサポートされます。
  • 固定ポート構成では、ポート2と4がグリッド ネットワーク用にボンディングされ、ポート1と3がクライアント ネットワーク(使用している場合)用にボンディングされます。アクティブ / バックアップ モードとLink Aggregation Control Protocol(LACP;リンク アグリゲーション制御プロトコル)モード(IEEE 802.3ad)の2種類のボンディング モードがあります。
  • オプションのアグリゲート ポート構成では、4つのすべてのポートが単一のLACPボンドにグループ化され、すべてのポートがグリッド ネットワークとクライアント ネットワークの両方のトラフィックに使用されます。アグリゲート ポート構成を使用する場合は、次の点に注意してください。
    • バージョン1.7以降のStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラを使用する必要があります。
      注:アプライアンスに搭載されたStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラのバージョンは、E5600SGコントローラの管理ポートを設定してからでないと確認できません。StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラをバージョン1.7にアップグレードする必要がある場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。
    • LACPボンドに参加しているスイッチが複数ある場合は、VLAN、LACP、Multi-chassis Link Aggregation Group(MLAG:マルチシャーシ リンク アグリゲーション グループ)などをサポートするスイッチにポートを接続する必要があります。
    • LACPボンドに参加しているスイッチが複数ある場合は、VLAN、LACP、MLAGなどを使用するようにスイッチを設定する方法について理解しておく必要があります。

詳細については、該当する『StorageGRID Webscaleのインストール ガイド』を参照してください。

手順

  1. 2本のSASインターコネクト ケーブルを使用して、E2700コントローラE5600SGコントローラに接続します。
    接続するポート 接続先のポート
    E2700コントローラのSASインターコネクト ポート1(Ch 1) E5600SGコントローラのSASインターコネクト ポート1(Ch 1)
    E2700コントローラのSASインターコネクト ポート2(Ch 2) E5600SGコントローラのSASインターコネクト ポート2(Ch 2)
    正方形のコネクタ(mini-SAS HD)をE2700コントローラに接続し、長方形のコネクタ(mini-SAS)をE5600SGコントローラに接続します。
    注意:SASコネクタのプルタブを下にして、各コネクタをカチッという音がするまで慎重に差し込んでください。コネクタがスムーズに入らないときは、無理に押し込まず、プルタブの位置を確認してからもう一度試してください。
  2. イーサネット ケーブルを使用して、E2700コントローラをSANtricity Storage Managerソフトウェアがインストールされている管理ネットワークに接続します。
    接続するポート 接続先のポート
    E2700コントローラのポート1(左側のRJ-45ポート) SANtricity Storage Manager用の管理ネットワークのスイッチ ポート
    E2700コントローラのポート2 DHCPを使用していない場合はサービス ラップトップ
  3. イーサネット ケーブルを使用して、E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleの管理ネットワークに接続します。
    接続するポート 接続先のポート
    E5600SGコントローラのポート1(左側のRJ-45ポート) StorageGRID Webscaleの管理ネットワークのスイッチ ポート
    E5600SGコントローラのポート2 DHCPを使用していない場合はサービス ラップトップ
  4. 10GbE光ケーブルとSFPトランシーバを必要に応じて使用して、E5600SGコントローラの10GbE光ポートを適切なスイッチ ポートに接続します。
    • 固定ポート構成を使用する場合、またはE5600SGコントローラにバージョン1.6以前のStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラが搭載されている場合は、次の表に示すようにポートを接続します。
      接続するポート 接続先のポート
      E5600SGコントローラのポート1 StorageGRID Webscaleのクライアント ネットワークのスイッチ ポート(オプション)
      E5600SGコントローラのポート2 StorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークのスイッチ ポート
      E5600SGコントローラのポート3 StorageGRID Webscaleのクライアント ネットワークのスイッチ ポート(オプション)
      E5600SGコントローラのポート4 StorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークのスイッチ ポート

      バージョン1.7以降のStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラの場合は、アプライアンスの設定時にポートのボンディング方法(アクティブ / バックアップ モードまたはLACP(802.3ad)モード)を指定できます。必要に応じて、各ネットワークのVLAN IDを指定することもできます。

    • アグリゲート ポート構成を使用する場合は、4つのすべてのポートを1つまたは複数のスイッチに接続します。StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラでアプライアンスを設定するときに、グリッド ネットワークとクライアント ネットワークのVLAN IDを指定する必要があります。詳しい手順については、スイッチのマニュアルを参照してください。
    Warning:レーザー被ばくの危険性 - レーザー光にさらされる危険があるため、SFPトランシーバを分解したり部品を取り外したりしないでください。