ORLM:Object Rules Met

このメッセージは、ILMルールで指定されたとおりにオブジェクトが格納およびコピーされた場合に生成されます。

コード フィールド 説明
CBID Content Block Identifier オブジェクトのCBID。
RULE Rules Label このオブジェクトに適用されているILMルールの判読可能なラベル。
FSIZ File size オブジェクトのサイズ(バイト)。
UUID Associated UUID StorageGRID Webscaleシステム内でのオブジェクトの識別子。オブジェクトにUUIDがなく、コンテンツ ハンドルが解放されている場合、UUIDの値は""です。
SGCB Container CBID セグメント化されたオブジェクトのコンテナのCBID。この値はオブジェクトがセグメント化されている場合にのみ記録されます。
SEGC Container UUID セグメント化されたオブジェクトのコンテナのUUID。この値はオブジェクトがセグメント化されている場合にのみ記録されます。
SPAR Security Partition ID 常にゼロが返されます。このフィールドは今後のリリースで廃止される予定です。
LOCS Locations StorageGRID Webscaleシステム内のオブジェクト データの格納場所。オブジェクトに場所がない場合(削除されている場合など)、LOCSの値は""です。

CLEC:イレイジャー コーディングされたオブジェクトの場合、オブジェクトのデータに適用されているイレイジャー コーディング プロファイルIDとイレイジャー コーディング グループID。

CLDI:レプリケートされたオブジェクトの場合、オブジェクトの場所のLDRノードIDとボリュームID。

CLNL:オブジェクト データがアーカイブされている場合は、オブジェクトの場所のARCノードID。

STAT Status ILM処理のステータス。

DONE:オブジェクトに対するILM処理が完了しました。

DFER:ILMによって再評価されるようオブジェクトがマークされました。

PRGD:StorageGRID Webscaleシステムからオブジェクトが削除されました。

NLOC:CMSサービスとは関係なくStorageGRID Webscaleシステムからオブジェクトが削除されました。これは通常、取り込みが失敗した場合に発生します。

RSLT Result ILM処理の結果。

SUCS:ILM処理が成功しました。

ORLM監査メッセージは、1つのオブジェクトに対して複数回生成でき、たとえば次のいずれかのイベントが発生するたびに生成されます。