監査メッセージの形式

StorageGRID Webscaleシステム内でやり取りされる監査メッセージには、すべてのメッセージに共通の標準情報と、報告対象のイベントまたはアクティビティを説明する固有のコンテンツが含まれます。

以下は、audit.logファイルに記録されている監査メッセージの例です。

2014-07-17T03:50:47.484627
[AUDT:[RSLT(FC32):VRGN][AVER(UI32):10][ATIM(UI64):1405569047484627][ATYP(FC32):SYSU][ANID(UI32):11627225][AMID(FC32):ARNI][ATID(UI64):9445736326500603516][ASQN(UI64):0][ASES(UI64):1405569047484791]]

各監査メッセージは一連の属性要素からなる文字列で、次の形式で記述されます。

各属性要素には、属性コード、データ タイプ、および値が次の形式で含まれます。

[ATTR(type):value][ATTR(type):value]...
[ATTR(type):value]\n

メッセージ内の属性要素の数は、メッセージのイベント タイプによって異なります。

属性要素には次のものがあります。