GTSU:Grid Task Submitted

この監査メッセージは、グリッド タスクがCMNサービスに送信されたことを示します。

コード フィールド 説明
TSID Task ID 生成されたグリッド タスクを一意に識別し、タスクをライフサイクル全体にわたって管理できるようにします。
注:タスクIDは、グリッド タスクが送信された時点ではなく、生成された時点で割り当てられます。同じグリッド タスクが複数回送信される可能性があり、その場合、Submitted、Started、Endedの監査メッセージを一意にリンクするには[Task ID]フィールドだけでは不十分です。
TTYP Task Type グリッド タスクのタイプ。
TVER Task Version グリッド タスクのバージョンを示す番号。
TDSC Task Description グリッド タスクに関するわかりやすい説明。
VATS Valid After Timestamp グリッド タスクの有効期間の開始時間(UNIX時間1970年1月1日からのUINT64マイクロ秒数)。
VBTS Valid Before Timestamp グリッド タスクの有効期間の終了時間(UNIX時間1970年1月1日からのUINT64マイクロ秒数)。
TSRC Source タスクのソース:
  • TXTB:グリッド タスクは、StorageGRID Webscaleシステム経由で署名付きテキスト ブロックとして送信されました。
  • GRID:グリッド タスクは、内部のGrid Task Submissionサービス経由で送信されました。
ACTV Activation Type アクティブ化のタイプ:
  • AUTO:グリッド タスクは自動でアクティブ化されます。
  • PEND:グリッド タスクはPendingテーブルに追加されました。TXTBソースの場合はこのタイプのみです。
RSLT Result 送信結果:
  • SUCS:グリッド タスクは正常に送信されました。
  • FAIL:タスクはHistoricalテーブルに直接移動されました。