HTTPプロトコル監査メッセージ

HTTPプロトコル カテゴリに属する監査メッセージについて十分に理解しておく必要があります。HTTPプロトコルを使用した内部および外部のシステム コンポーネントとのやり取りに関連するイベントを以下に示します。

コード 説明 クライアント 参照先
SDEL S3 DELETE:オブジェクトまたはバケットを削除するトランザクションの成功をログに記録します。 S3クライアント SDEL:S3 DELETE
SGET S3 GET:バケット内のオブジェクトを読み出しまたはリストアップするトランザクションの成功をログに記録します。 S3クライアント SGET:S3 GET
SHEA S3 HEAD:オブジェクトまたはバケットの存在を確認するトランザクションの成功をログに記録します。 S3クライアント SHEA:S3 HEAD
SPUT S3 PUT:オブジェクトまたはバケットを新規に作成するトランザクションの成功をログに記録します。 S3クライアント SPUT:S3 PUT
SUPD S3 Metadata Updated:既存のオブジェクトまたはバケットのメタデータを更新するトランザクションの成功をログに記録します。 S3クライアント SUPD:S3 Metadata Updated
WDEL Swift DELETE:オブジェクトまたはコンテナを削除するトランザクションの成功をログに記録します。 Swiftクライアント WDEL:Swift DELETE
WGET Swift GET:コンテナ内のオブジェクトを読み出しまたはリストアップするトランザクションの成功をログに記録します。 Swiftクライアント WGET:Swift GET
WHEA Swift HEAD:オブジェクトまたはコンテナの存在を確認するトランザクションの成功をログに記録します。 Swiftクライアント WHEA:Swift HEAD
WPUT Swift PUT:オブジェクトまたはコンテナを新規に作成するトランザクションの成功をログに記録します。 Swiftクライアント WPUT:Swift PUT