ストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加

仮想ストレージ ノードのストレージ容量は、ストレージ ボリュームを最大16個まで追加して拡張することができます。ILMのレプリケート コピーまたはイレイジャー コーディング コピーの要件を満たすために、複数のストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加が必要になることがあります。

タスク概要

ストレージ ノードの基盤となるストレージは、一定数のストレージ ボリュームに分割されます。ストレージ ボリュームは、StorageGRID Webscaleシステムでフォーマットされてオブジェクトの格納用にマウントされたブロック ベースのストレージ デバイスです。グリッド管理インターフェイスでは、これらのストレージ ボリュームのことをオブジェクト ストアと呼び、各ストレージ ノードで最大16個までサポートされます。

注:オブジェクト メタデータは常にオブジェクト ストア0に格納されます。

各オブジェクト ストアは、同じストレージ ノード上のマウント ポイントに対応します。たとえば、IDが0000のオブジェクト ストアはマウント ポイント/var/local/rangedb/0に対応しています。

新しいストレージ ボリュームを追加する前に、グリッド管理インターフェイスを使用して各ストレージ ノードの現在のオブジェクト ストアと対応するマウント ポイントを確認します。この情報は、ストレージ ボリュームを追加するときに役立ちます。

手順

  1. ストレージ ノードのオブジェクト ストアを確認するには、次の手順を実行します。
    1. [Grid]を選択します。
    2. [site] > [Storage Node] > [LDR] > [Storage]を選択します。
    3. [Overview]タブの[Object Stores]テーブルで詳細を確認します。

    この図には説明が付随しています。
  2. それらのオブジェクト ストアに対応するマウント ポイントを確認するには、次の手順を実行します。
    1. [Grid]を選択します。
    2. [site] > [Storage Node] > [SSM] > [Resources]を選択します。
    3. [Overview]タブの[Volumes]テーブルで詳細を確認します。

    この図には説明が付随しています。
  3. プラットフォームに応じた手順に従って、ストレージ ノードに新しいストレージ ボリュームを追加します。