VMware:仮想グリッド ノードの導入

拡張に含める仮想マシンベースのグリッド ノードごとに、VMware vSphereで仮想マシンを導入する必要があります。

開始する前に

手順

  1. VMware vSphere Clientを開いてサインインします。
  2. StorageGRID Webscaleグリッドを導入するvAppに移動し、[Actions] > [All vCenter Actions] > [Deploy OVF Template]を選択します。
  3. [Deploy OVF Template]ダイアログで、導入するグリッド ノードのタイプに対応した.ovfファイルを導入します。
  4. [Setup networks]ページで、グリッド ネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアント ネットワークを選択します。
    3つのすべてのネットワークの値を指定する必要があります。管理ネットワークとクライアント ネットワークを使用しない場合は、すべてに対してグリッド ネットワークを選択します。複数のインターフェイスが同じネットワークにマッピングされていることを示す警告は無視してかまいません。
  5. [Customize Template]ダイアログ ボックスで、必要なStorageGRID Webscaleの情報を指定し、[Finish]をクリックします。
    プライマリ管理ノードのIPアドレスを省略しても、プライマリ管理ノードまたはADMIN_IPが設定された少なくとも1つのグリッド ノードが同じサブネットにあれば、IPアドレスは自動的に検出されます。ただし、ここでプライマリ管理ノードのIPアドレスを設定しておくことを推奨します。
  6. [Next]をクリックし、[Finish]をクリックして仮想マシンのアップロードを開始します。
  7. 仮想マシンにストレージを割り当てます。
    注意:提供されるストレージ ノードのOVFには、ストレージの複数のVMDKが定義されています。ノードの電源を入れる前に、これらのVMDKを削除し、ストレージに適切なVMDKまたはRDMを割り当てる必要があります。VMware環境で一般に使用され、管理も容易であるのはVMDKですが、大きなオブジェクト サイズ(たとえば100MB超)を使用するワークロードのパフォーマンスはRDMの方が高くなります。
  8. 仮想マシンの電源をオンにします。

終了後の操作

すべての新しいグリッド ノードの導入が完了したら、拡張を実施できます。