アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化

configure-sga.pyスクリプトを使用して、StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードを設定し、インストールすることができます。

開始する前に

上記の必須準備作業の手順については、『ハードウェア インストールおよびメンテナンス ガイド』を参照してください。

手順

  1. Pythonスクリプトを実行するために使用するLinuxマシンにログインします。
  2. スクリプトの構文と指定可能なパラメータの一覧を確認するには、次のように入力します。
    configure-sga.py --help
    configure-sga.pyスクリプトでは4つのサブコマンド(configureinstallmonitorreboot)が使用されます。各サブコマンドのヘルプを表示するには、次のように入力します。
    configure-sga.py subcommand --help
  3. アプライアンス ストレージ ノードの現在の設定を確認するには、次のように入力します。
    configure-sga.py configure SGA-INSTALL-IP
    結果として、アプライアンスの現在のIP情報(プライマリ管理ノードのIPアドレスを含む)および管理ネットワーク、グリッド ネットワーク、クライアント ネットワークに関する情報が示されます。
    Connecting to http://10.224.2.32:8080 (Checking version and connectivity)
    2017/07/30 21:56:34: Performing GET on /api/versions... Received 200
    2017/07/30 21:56:34: Performing GET on /api/v2/system-info... Received 200
    2017/07/30 21:56:34: Performing GET on /api/v2/admin-connection... Received 200
    2017/07/30 21:56:34: Performing GET on /api/v2/link-config... Received 200
    2017/07/30 21:56:34: Performing GET on /api/v2/networks... Received 200
    2017/07/30 21:56:35: Performing GET on /api/v2/system-config... Received 200
    
      StorageGRID Webscale Appliance
        Name:   MS-SGA1
    
      StorageGRID primary Admin Node
        IP:        172.16.1.170                                      
        State:     ready                                             
        Message:   Connection validated at 2017-07-31T01:55:52.982161
    
      Bond and VLAN configuration
        Port bond mode:         FIXED  
        Link speed:             10GBE  
                                       
            Admin Network:      ENABLED
                Bonding mode:   no-bond
                VLAN:           novlan 
                                       
            Grid Network:       ENABLED
                Bonding mode:   lacp   
                VLAN:           novlan 
                                       
            Client Network:     ENABLED
                Bonding mode:   lacp   
                VLAN:           novlan 
    
      Admin Network
        CIDR:      10.224.2.32/21 (Static)
        MAC:       00:80:E5:43:AE:BC      
        Gateway:   10.224.0.1             
        Subnets:   192.168.8.0/24         
                   172.19.0.0/16          
                   10.0.0.0/8             
                   192.168.9.0/24         
                   172.21.0.0/16          
    
      Grid Network
        CIDR:      172.16.2.32/21 (Static)
        MAC:       00:A0:98:A1:85:AE      
        Gateway:   172.16.0.1             
        Subnets:   172.18.0.0/21          
                   172.17.0.0/21          
                   192.168.0.0/21         
    
      Client Network
        CIDR:      47.47.2.32/21 (Static)
        MAC:       00:A0:98:A1:85:AD     
        Gateway:   47.47.0.1             
    
    ##############################################################
    #####   If you are satisfied with this configuration,    #####
    ##### execute the script with the "install" sub-command. #####
    ##############################################################
  4. 現在の設定の値を変更する必要がある場合は、configureサブコマンドを使用して値を更新します。たとえば、プライマリ管理ノードのIPアドレスを10.224.2.99に変更する場合は、次のように入力します。
    configure-sga.py configure --admin-ip 10.224.2.99 SGA-INSTALL-IP
  5. 設定に問題がなければ、installおよびmonitorサブコマンドを使用してアプライアンスをインストールします。
    configure-sga.py install --monitor SGA-INSTALL-IP
  6. アプライアンスを設定する際に問題が発生し、アプライアンスのリブートが必要になった場合は、次のように入力します。
    configure-sga.py reboot SGA-INSTALL-IP