ノード移行の要件

ノード移行機能を使用して、あるホストから別のホストに手動でノードを移動することができます。これは、同じ物理データセンターにあるホスト間で行うのが一般的です。

ノード移行を使用すると、グリッドの運用を中断せずに物理ホストのメンテナンスを行うことができます。方法は簡単で、StorageGRID Webscaleのすべてのノードを一度に1つずつ別のホストに移動してから物理ホストをオフラインにします。ノードを1つずつ移行するため、それぞれのダウンタイムはごくわずかであり、グリッド サービスの運用や可用性には影響しません。

StorageGRID Webscaleのノード移行機能を使用する場合は、いくつかの追加の要件を満たす必要があります。

ノード移行の詳細については、『リカバリおよびメンテナンス ガイド』を参照してください。

注:仮想ホストを使用する場合、基盤となるハイパーバイザー レイヤでVMの移行がサポートされていれば、その機能をStorageGRID Webscaleのノード移行機能の代わりに使用することができます。その場合、これらの追加要件は無視してかまいません。

一貫したネットワーク インターフェイス名

ノードを別のホストに移動するにあたり、StorageGRID Webscaleホスト サービスでは、ノードが現在の場所で使用している外部ネットワーク接続を新しい場所でもそのまま使用できることを確保する必要があります。これは、ホスト間で一貫したネットワーク インターフェイス名を使用することで実現されます。

たとえば、Host1で実行されているStorageGRID Webscale NodeAで、インターフェイスのマッピングが次のように設定されているとします。

この図には説明が付随しています。

矢印の左側は、StorageGRID Webscaleコンテナ内から見た従来のインターフェイス(グリッド ネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアント ネットワークのインターフェイス)です。矢印の右側は、それらのネットワークを提供するホストの実際のインターフェイス(同じ物理インターフェイス ボンドに属する3つのVLANインターフェイス)です。

このNodeAをHost2に移行するとします。bond0.1001bond0.1002、およびbond0.1003という名前のインターフェイスがHost2にもあれば、Host2でも同じ名前のインターフェイスによってHost1と同じ接続が提供されると見なされて移動が許可されます。Host2に同じ名前のインターフェイスがなければ、移動は許可されません。

複数のホストで一貫したネットワーク インターフェイス名を使用するように構成するには、さまざまな方法があります。例については、「ホスト ネットワークの設定」を参照してください。

共有ストレージ

オーバーヘッドを抑えて迅速にノードを移行するために、StorageGRID Webscaleのノード移行機能ではノードのデータの物理的な移動は行いません。代わりに、エクスポート処理とインポート処理を組み合わせて、次の方法でノードが移行されます。
  1. 「ノードのエクスポート」処理で、HostAで実行されているノード コンテナから永続的な状態の少量のデータが抽出され、そのノードのいずれかのシステム メタデータ ボリュームにキャッシュされます。そのあと、HostAのノード コンテナのインスタンス化が解除されます。
  2. 「ノードのインポート」処理で、HostAと同じネットワーク インターフェイス マッピングおよびブロック ストレージ マッピングを使用するHostBのノード コンテナがインスタンス化されます。そのあと、キャッシュされた永続的な状態のデータが新しいインスタンスに挿入されます。

この処理では、ノードのすべてのシステム メタデータ ボリュームとオブジェクト ストレージ ボリュームにHostAとHostBの両方からアクセスできないと移行は実行できません。また、HostAとHostBで同じLUNを参照するように、同じ名前を使用してノードにマッピングされている必要があります。

次に、StorageGRID Webscaleのストレージ ノード用のブロック デバイス マッピングの例を示します。これらのホストではDMマルチパスを使用しており、/etc/multipath.confでaliasフィールドを使用して、すべてのホストで使用できる一貫性のあるわかりやすい名前をブロック デバイスに割り当てています。

この図には説明が付随しています。