DNSサーバ情報の指定

IPアドレスの代わりにホスト名を使用して外部サーバにアクセスできるようにするには、StorageGRID WebscaleシステムのDNS情報を指定する必要があります。

タスク概要

DNSサーバ情報を指定すると、Eメール通知やAutoSupportに、IPアドレスではなく完全修飾ドメイン名(FQDN)ホスト名を使用できるようになります。DNSサーバは少なくとも2つ指定することを推奨します。
注意:DNSサーバ用に2~6個のIPアドレスを指定します。ネットワーク分離が発生した場合に各サイトがローカルにアクセスできるDNSサーバを選択する必要があります。これにより、分離されたサイトは引き続きDNSサービスにアクセスできます。グリッド全体のDNSサーバ リストを設定したあとに、ノードごとにDNSサーバ リストをカスタマイズできます。詳細については、『リカバリおよびメンテナンス ガイド』のDNS設定の変更に関する情報を参照してください。

DNSサーバ情報を省略したり誤って設定したりすると、各グリッド ノードのSSMサービスでDNSTアラームがトリガーされます。このアラームは、DNSが正しく設定され、新しいサーバ情報がすべてのグリッド ノードに配信された時点で解除されます。

手順

  1. 少なくとも1つのDNSサーバのIPアドレスを、[Server 1]テキスト ボックスで指定します。
  2. 必要であれば、最後のエントリの横にあるプラス記号(+)をクリックしてサーバ エントリを追加します。

    この図には説明が付随しています。
    少なくとも2つのDNSサーバを指定するのがベストプラクティスです。DNSサーバは最大6つまで指定できます。
  3. [Next]をクリックします。