グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出

グリッド ノードは、設定や管理のためにプライマリ管理ノードと通信します。各グリッド ノードがグリッド ネットワーク上のプライマリ管理ノードのIPアドレスを認識している必要があります。

グリッド ノードからプライマリ管理ノードにアクセスできるようにするために、ノードを導入する際に次のいずれかを実行します。
  • ADMIN_IPパラメータを使用して、プライマリ管理ノードのIPアドレスを手動で入力します。
  • ADMIN_IPパラメータを省略して、グリッド ノードで自動的に値が検出されるようにします。自動検出は、グリッド ネットワークでDHCPを使用してプライマリ管理ノードにIPアドレスを割り当てる場合に特に便利です。

プライマリ管理ノードの自動検出には、mDNS(multicast Domain Name System)が使用されます。プライマリ管理ノードは、最初に起動されるときに、mDNSを使用してそのノードのIPアドレスを公開します。同じサブネット上の他のノードは、このIPアドレスを自動的に照会して取得します。ただし、通常はマルチキャストIPトラフィックをサブネット間でルーティングできないため、他のサブネット上のノードはプライマリ管理ノードのIPアドレスを直接取得できません。

注意:自動検出を使用する場合は、プライマリ管理ノードが直接接続されていないサブネットの少なくとも1つのグリッド ノードで、ADMIN_IP設定を指定する必要があります。このグリッド ノードがプライマリ管理ノードのIPアドレスを公開することで、サブネット上の他のノードがmDNSを使用してIPアドレスを検出できるようになります。