ホストのネットワーク構成

StorageGRID Webscaleの導入を開始する前に、各ノードで使用するネットワーク(グリッド、管理、クライアント)を決めます。すべてのネットワークを該当する物理ホストまたは仮想ホストまで広げ、各ホスト用に十分な帯域幅を確保する必要があります。

グリッド ノードのサポートに物理ホストを使用する場合は、サイトの各ノードで使用するすべてのネットワークとサブネットをそのサイトのすべての物理ホストまで広げます。これにより、ホストの構成がシンプルになり、将来のノードの移行にも対応できます。

注:ホストのネットワーク接続を設定する際、物理ホスト自体のIPアドレスも取得する必要があります。また、必要なポートをホストに対して開いておく必要があります。

次の表に、StorageGRID Webscaleノードのタイプとネットワークのタイプ別に推奨される最小帯域幅を示します。それぞれの物理ホストまたは仮想ホストについて、そのホストで実行するStorageGRID Webscaleノードの総数とタイプに応じて、アグリゲートの最小帯域幅要件を満たすように十分なネットワーク帯域幅を確保する必要があります。

ノードのタイプ ネットワークのタイプ
グリッド 管理 クライアント
管理 10Gbps 1Gbps 1Gbps
APIゲートウェイ 10Gbps 1Gbps 10Gbps
ストレージ 10Gbps 1Gbps 10Gbps
アーカイブ 10Gbps 1Gbps 10Gbps
注:この表には、共有ストレージへのアクセスに必要なSANの帯域幅は含まれていません。イーサネット経由(iSCSIまたはFCoE)でアクセスする共有ストレージを使用する場合は、各ホストで物理インターフェイスを別途プロビジョニングして十分なSANの帯域幅を確保する必要があります。ボトルネックにならないように、各ホストのSANの帯域幅として、そのホストで実行されるすべてのストレージ ノードの総ネットワーク帯域幅とほぼ同じ帯域幅を確保します。

上記の表を参照して、それぞれのホストに最小限必要なネットワーク インターフェイスの数を確認します。これは、そのホストで実行するStorageGRID Webscaleノードの数とタイプで決まります。

たとえば、次のような構成にするとします。

このシナリオでは、最小限必要なネットワーク帯域幅は11 + 20 + 10 = 41Gbpsとなり、40Gbpsインターフェイスであれば2つ、10Gbpsインターフェイスであれば5つのインターフェイスが必要になります。これらのインターフェイスはトランクにまとめられたうえで、ホストを含む物理データセンターに対してローカルなグリッド、管理、およびクライアントのサブネットを伝送する3つ以上のVLANで共有されます。

StorageGRID Webscaleグリッドを導入する準備として、StorageGRID Webscaleクラスタのホストの物理リソースおよびネットワーク リソースを設定する推奨される方法については、「ホスト ネットワークの設定」を参照してください。