Bashスクリプトの実行

Bashスクリプトdeploy-vsphere-ovftool.shおよび各自で変更したdeploy-vsphere-ovftool.ini構成ファイルを使用して、VMware vSphereへのStorageGRID Webscaleグリッド ノードの導入を自動化することができます。

開始する前に

タスク概要

Bashスクリプトのヘルプを参照するには、ヘルプ コマンド(-h / --help)を入力します。次に例を示します。

./deploy-vsphere-ovftool.sh -h

または

./deploy-vsphere-ovftool.sh --help

手順

  1. Bashスクリプトの実行に使用するLinuxマシンにログインします。
  2. インストール アーカイブを展開したディレクトリに移動します。
    次に例を示します。
    cd StorageGRID-Webscale-version/vsphere
  3. グリッド ノードをすべて導入する場合は、使用する環境に適したオプションを指定してBashスクリプトを実行します。
    次に例を示します。
    ./deploy-vsphere-ovftool.sh --username=user --password=pwd ./deploy-vsphere-ovftool.ini
  4. エラーのために導入できなかったグリッド ノードがある場合は、エラーを解決し、そのノードだけを対象にBashスクリプトを再実行します。
    次に例を示します。
    ./deploy-vsphere-ovftool.sh --username=user --password=pwd --single-node="DC1-S3" ./deploy-vsphere-ovftool.ini

タスクの結果

各ノードのステータスが「Passed」になると、導入は完了です。
Deployment Summary
+-----------------------------+----------+----------------------+
| node                        | attempts | status               |
+-----------------------------+----------+----------------------+
| DC1-ADM1                    |        1 | Passed               |
| DC1-G1                      |        1 | Passed               |
| DC1-S1                      |        1 | Passed               |
| DC1-S2                      |        1 | Passed               |
| DC1-S3                      |        1 | Passed               |
+-----------------------------+----------+----------------------+