ネットワークのインストールとプロビジョニング

ノード導入時およびグリッド設定時に、3つのネットワークがどのように使用されるかを理解しておく必要があります。

ノードを最初に導入するときは、ノードをグリッド ネットワークに接続して、ノードがプライマリ管理ノードにアクセスできるようにする必要があります。グリッド ネットワークが分離されている場合は、グリッド ネットワークの外部からアクセスして設定とインストールを実行できるように、プライマリ管理ノードで管理ネットワークを設定できます。グリッド ネットワークにゲートウェイが設定されている場合は、導入時にそれがノードのデフォルト ゲートウェイになります。これにより、グリッドを設定する前に、別々のサブネットにあるグリッド ノードがプライマリ管理ノードと通信できるようになります。

導入されたノードは、グリッド ネットワークを使用してプライマリ管理ノードに登録されます。登録されると、グリッド管理インターフェイス、Pythonスクリプトconfigure-storagegrid.py、またはインストールAPIを使用して、グリッドを設定し、登録済みのノードを承認できるようになります。グリッド設定時に、複数のグリッド サブネットを設定することができます。グリッドの設定が完了すると、グリッド ネットワーク ゲートウェイを経由するこれらのサブネットへの静的ルートが各ノードに作成されます。必要に応じて、NTPサーバを含むサブネット、あるいはグリッド管理インターフェイスまたはAPIへのアクセスを必要とするサブネットを、グリッド サブネットとして設定することもできます。

ノード承認プロセスでは、管理ネットワーク、クライアント ネットワーク、またはその両方を使用するようにノードを設定できます。クライアント ネットワークを使用するようにノードを設定すると、グリッドの設定手順が完了したときに、そのノードのデフォルト ゲートウェイがグリッド ネットワークからクライアント ネットワークに切り替わります。

注:クライアント ネットワークを使用する場合は、グリッドの設定手順が完了したときにノードのデフォルト ゲートウェイがグリッド ネットワークからクライアント ネットワークに切り替わることに注意してください。すべてのノードについて、ゲートウェイが切り替わったときに、ノードが外部NTPサーバへのアクセスを失わないようにする必要があります。また管理ノードについては、ブラウザまたはAPIクライアントがグリッド管理インターフェイスへのアクセスを失わないようにする必要があります。アクセスを維持するには、次のいずれかの手順を実行します。
作成するネットワーク 動作 推奨する設定
グリッド ネットワークのみ グリッド、管理、クライアントの各トラフィックすべてがグリッド ネットワークを経由します。グリッド ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。  
グリッド ネットワークと管理ネットワーク グリッドとクライアントのトラフィックがグリッド ネットワークを経由します。管理トラフィックは管理ネットワークを経由します。グリッド ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。  
グリッド ネットワークとクライアント ネットワーク(管理ネットワークなし) ノードが導入されると、グリッド ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。設定時に、グリッド管理インターフェイスおよびNTPサーバへのアクセスを提供するサブネットをグリッド ネットワークとして組み込む必要があります。グリッドの設定手順が完了すると、クライアント ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。 NTPとインストーラ クライアントが、グリッド ネットワークとクライアント ネットワークの両方を経由してアクセスできるようにします。

または

NTP、インストーラ クライアント、またはその両方のサブネットをグリッド ネットワークとして追加します。

3つのネットワークすべて(グリッド、管理、クライアント) ノードが導入されると、グリッド ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。グリッド管理インターフェイスおよびNTPサーバへのアクセスを提供するサブネットを、設定時にグリッド ネットワークに組み込むか、管理ネットワークのサブネットとして組み込む必要があります。グリッドの設定手順が完了すると、クライアント ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。 NTPとインストーラ クライアントが、グリッド ネットワークとクライアント ネットワークの両方を経由してアクセスできるようにします。

または

NTP、インストーラ クライアント、またはその両方のサブネットをグリッド ネットワークとして追加します(これにより明示的なルートが作成されます)。

または

NTPおよびインストーラ クライアントのサブネットを管理ネットワーク外部サブネット リスト(AESL)に追加します。

クライアント ネットワーク(あとで作成) グリッド管理インターフェイスおよびNTPサーバへのアクセスを提供するサブネットを、グリッド ネットワークまたは管理サブネットとして組み込む必要があります。クライアント ネットワーク ゲートウェイがノードのデフォルト ゲートウェイになります。 NTPとインストーラ クライアントが、グリッド ネットワークとクライアント ネットワークの両方を経由してアクセスできるようにします。

または

NTP、インストーラ クライアント、またはその両方のサブネットをグリッド ネットワークとして追加します(これにより明示的なルートが作成されます)。

または

NTPおよびインストーラ クライアントのサブネットをAESLに追加します。