クライアントと外部との通信

クライアントは、コンテンツの取り込みと読み出しを行うために、グリッド ノードおよびグリッド ノードをホストするサーバと通信する必要があります。使用されるポートは、コンテンツの取り込みと読み出しを行うために選択されるプロトコルによって異なります。

ノードで発着信するトラフィックに使用されるポートの可用性がエンタープライズ ネットワーク ポリシーによって制限される場合は、ノードを導入する際にポートを再マッピングできます。

次の表に、ノードに着信するトラフィックに使用されるポートを示します。

ポート プロトコル アクセスできる対象
22(TCP) SSH ソフトウェアのインストールと保守に使用されているサーバ
80(TCP) HTTP 管理ノード(443にリダイレクト)
161(TCP / UDP) SNMP 管理ノード
443(TCP) HTTPS 管理ノード
445(TCP) SMB 管理ノード上の監査ログ
905(TCP) NFS statd 管理ノード上の監査ログ
2049(TCP) NFS 管理ノード上の監査ログ
8022(TCP) SSH ソフトウェアのインストールと保守に使用されているサーバ
8082(TCP) S3 APIゲートウェイ ノード
8083(TCP) Swift APIゲートウェイ ノード
9022(TCP) SSH StorageGRID Webscaleアプライアンス
18082(TCP) S3 ストレージ ノード
18083(TCP) Swift ストレージ ノード

次の表に、ノードから発信されるトラフィックに使用されるポートを示します。

ポート プロトコル 使用目的
25(TCP) SMTP アラートおよびAutoSupport
設定可能(TCP) SMTP アラートおよびAutoSupport。デフォルトのポート設定(25)は、[Email Servers]ページで上書きできます。
53(TCP / UDP) DNS ドメイン ネーム システム
123(UDP) NTP ネットワーク タイム プロトコル(NTP)サービス
389(TCP / UDP) LDAP ADCサービスを実行するストレージ ノードからLDAPサーバへのアクセス
80(TCP) HTTP (デフォルト)ADCサービスを実行するストレージノードからAmazon Web Services(AWS)または別の外部サービスに送信されるプラットフォーム サービス メッセージ
443(TCP) HTTPS
  • アーカイブ ノードからAWS S3へのアクセス
  • (デフォルト)ADCサービスを実行するストレージノードからAWSまたは別の外部サービスに送信されるプラットフォーム サービス メッセージ
設定可能(TCP)

HTTP

ADCサービスを実行するストレージ ノードから送信されるプラットフォーム サービス メッセージ

テナントは、エンドポイントを作成する際にデフォルトのHTTPポート設定(80)を上書きできます。

設定可能(TCP)

デスティネーションAPIゲートウェイ ノードの場合は8082

HTTPS

ADCサービスを実行するストレージ ノードから送信されるプラットフォーム サービス メッセージ

テナントは、エンドポイントを作成する際にデフォルトのHTTPSポート設定(443)を上書きできます。

StorageGRID WebscaleがCloudMirrorレプリケーションのデスティネーション エンドポイントとして使用される場合は、デフォルトでポート8082が使用されます。