導入環境に関する情報の収集

グリッド ノードを導入する前に、ネットワーク設定とVMware環境に関する情報を収集する必要があります。

VMwareの情報

導入環境にアクセスし、VMware環境に関する情報、グリッド、管理、クライアントの各ネットワーク用に作成されたネットワークに関する情報、およびストレージ ノードで使用する予定のストレージ ボリューム タイプに関する情報を収集する必要があります。

VMware環境に関する次の情報を収集する必要があります。

グリッド ネットワークの情報

StorageGRID Webscaleグリッド ネットワーク(必須)用に作成されたVMwareネットワークに関する次の情報を収集する必要があります。
  • ネットワーク名。
  • 各グリッド ノードのネットワークに関する必須の詳細情報(IPアドレス、ゲートウェイ、およびネットワーク マスク)。
    注:グリッド ネットワーク設定では、DHCPがサポートされません。
  • グリッド ネットワーク上のプライマリ管理ノードのIPアドレス。詳細については、「グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出」を参照してください。

管理ネットワークの情報

ノードがオプションのStorageGRID Webscale管理ネットワークに接続される場合は、このネットワーク用に作成されたVMwareネットワークに関する次の情報を収集する必要があります。
  • ネットワーク名。
  • IPアドレスを割り当てる方法(固定またはDHCP)。
  • 静的IPアドレスを使用する場合は、各グリッド ノードのネットワークに関する必須の詳細情報(IPアドレス、ゲートウェイ、ネットワークマスク)。
  • 管理ネットワークの外部サブネット リスト(ESL)。

クライアント ネットワークの情報

ノードがオプションのStorageGRID Webscaleクライアント ネットワークに接続される場合は、このネットワーク用に作成されたVMwareネットワークに関する次の情報を収集する必要があります。
  • ネットワーク名。
  • IPアドレスを割り当てる方法(固定またはDHCP)。
  • 静的IPアドレスを使用する場合は、各グリッド ノードのネットワークに関する必須の詳細情報(IPアドレス、ゲートウェイ、ネットワークマスク)。

仮想ストレージ ノードのストレージボリューム

仮想マシンベースのストレージ ノードに関する次の情報を収集する必要があります。

グリッドの設定情報

グリッドを設定するための情報を収集する必要があります。
  • グリッドのライセンス
  • NTPサーバのIPアドレス
  • DNSサーバのIPアドレス