ブロック デバイスが見つからないエラーの修正

システムは、リカバリされた各ノードが有効なブロック デバイス スペシャル ファイル、またはブロック デバイス スペシャル ファイルへの有効なソフトリンクにマッピングされていることを確認します。StorageGRID Webscale/etc/storagegrid/nodes/<node-name>.confファイルで無効なマッピングを検出すると、ブロック デバイスが見つからないエラーが表示されます。

次のエラーが発生することがあります。

Checking configuration file /etc/storagegrid/nodes/node-name.conf for node node-name...
ERROR: node-name: BLOCK_DEVICE_PURPOSE = path-name       node-name: path-name does not exist

これは、/etc/storagegrid/nodes/node-name.confPURPOSEの目的でnode-nameで使用されているブロック デバイスをLinuxファイル システムのpath-nameにマッピングしたが、有効なブロック デバイス スペシャル ファイル、またはブロック デバイス スペシャル ファイルへのソフトリンクがこのパスにないことを示しています。

このガイドの「新しいLinuxホストの導入」の手順を完了していることを確認します。すべてのブロック デバイスで、元のホストで使用されていたのと同じ永続的なデバイス名を使用してください。

見つからないブロック デバイスのスペシャル ファイルをリストアまたは再作成できない場合は、適切なサイズとストレージ カテゴリの新しいブロック デバイスを割り当て、ノード構成ファイルを編集して新しいブロック デバイスのスペシャル ファイルを参照するようにBLOCK_DEVICE_PURPOSEの値を変更します。

インストール ガイド』の「ストレージ要件」の表を参考に、適切なサイズとストレージ カテゴリを決定してください。ブロック デバイスの交換に進む前に、「ホスト ストレージの設定」に記載されている推奨事項を確認してください。

注意:元のブロック デバイスは障害ホストとともに失われたために構成ファイルのBLOCK_DEVICE_で始まるすべての変数に新しいブロック ストレージ デバイスを指定する必要がある場合は、リカバリ手順を進める前に新しいブロック デバイスがアンフォーマットされていることを確認してください。共有ストレージを使用していて新しいボリュームを作成済みの場合、新しいブロック デバイスはアンフォーマットされます。状況がわからない場合は、新しいブロック ストレージ デバイスのスペシャル ファイルに対して次のコマンドを実行します。
注意:
このコマンドは、新しいブロック ストレージ デバイスに対してのみ実行してください。デバイス上のデータがすべて失われるため、リカバリ対象のノードの有効なデータがブロック ストレージに格納されている可能性がある場合は、このコマンドを実行しないでください。
sudo dd if=/dev/zero of=/dev/mapper/my-block-device-name bs=1G count=1