StorageGRID Webscaleアプライアンスのインストールの監視

StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラには、インストールが完了するまでステータスが表示されます。ソフトウェアのインストールが完了すると、アプライアンスがリブートされます。

手順

  1. インストールの進行状況を監視するには、メニュー バーの[Monitor Installation]をクリックします。

    [Monitor Installation]ページにインストールの進行状況が表示されます。


    この図には説明が付随しています。
    青のステータス バーは進行中のタスクを、 緑のステータス バーは正常に完了したタスクを示しています。
    注:前のインストールで完了したタスクはインストーラでは再実行されません。インストールを再実行している場合、再実行する必要がないタスクには緑のステータス バーが表示され、ステータスは「Skipped」になります。
  2. インストールの最初の2つのステージの進行状況を確認します。
    1. Configure storage
    インストーラがストレージ コントローラ(アプライアンスのもう一方のコントローラ)に接続し、既存の設定があれば消去し、SANtricityソフトウェアと通信してボリュームを設定し、ホストを設定します。
    2. Install OS
    インストーラがStorageGRID Webscaleのベースとなるオペレーティング システム イメージをプライマリ管理ノードからアプライアンスにコピーします。
  3. [Install StorageGRID Webscale]ステージが一時停止し、グリッド管理インターフェイスに移動してグリッド ノードを承認するよう求めるメッセージが組み込みのコンソールに表示されるまで、インストールの進行状況を監視します。

    この図には説明が付随しています。
  4. グリッド管理インターフェイスを使用する手順に進み、保留中のグリッド ノードを設定します。