[Start Recovery]の選択による非プライマリ管理ノードの設定

グリッド管理インターフェイスの[Start Recovery]を選択して非プライマリ管理ノードを設定し、グリッドが障害ノードの代わりとしてそのノードを認識するようにする必要があります。

開始する前に

手順

  1. グリッド管理インターフェイスから、[Maintenance] > [Recovery]を選択します。
  2. リカバリするグリッド ノードを[Pending Nodes]リストから選択します。
    ノードは障害が発生するとリストに追加されますが、再インストールされてリカバリの準備ができるまでは選択できません。
  3. [Provisioning Passphrase]にプロビジョニング パスフレーズを入力します。
  4. [Start Recovery]をクリックします。
    [Maintenance] > [Recovery]ページのスクリーンショット
  5. [Recovering Grid Node]テーブルでリカバリの進行状況を監視します。
    注:リカバリ中いつでも[Reset]をクリックして新たなリカバリを開始できます。
    Linux:リカバリをリセットした場合は、Linuxホストでstoragegrid node force-recovery <node-name>コマンドを実行して、ノードを手動で再起動することも必要です。
    VMware / OpenStack:リカバリをリセットした場合は、導入した仮想グリッド ノードを手動で削除する必要があります。リカバリを再開するには、「リカバリ用グリッド ノードの導入」セクションの手順に従って仮想グリッド ノードを再導入します。
    [Reset Recovery]ダイアログ ボックスの警告のスクリーンショット