VMware vSphereでのリカバリ用グリッド ノードの導入

グリッド ノードのリカバリを開始するには、VMware vSphere Web Clientを使用して新しい仮想マシンを導入します。

開始する前に

VMwareインストール アーカイブをダウンロードして、次のファイルを展開しておく必要があります。

これらのファイルはすべて同じディレクトリに配置してください。

注意:
グリッドで現在実行されているバージョンのStorageGRID Webscaleを使用して、新しい仮想マシンを導入する必要があります。

手順

  1. VMware vSphere Web Clientを開いてサインインします。
  2. StorageGRID Webscaleグリッドを導入するvAppまたはリソース プールに移動し、[Actions] > [All vCenter Actions] > [Deploy OVF Template]を選択します。
  3. [Deploy OVF Template]ダイアログで、導入するグリッド ノードのタイプに対応した.ovfファイルを導入します。
  4. 仮想マシンの名前を指定します。
    障害が発生したため交換しようとしているグリッド ノードのホスト名を使用すると、あとで仮想マシンを簡単に特定できます。たとえば、「DC3-SN1」と入力します。
    仮想マシンの名前は最初の仮想マシン導入時に指定し、あとから変更しないことを推奨します。
  5. [Setup networks]ページで、各StorageGRID WebscaleネットワークをVMware vSphere環境の適切なデスティネーション ネットワークにマッピングします。
    1. [Grid Network]で、VMware vSphere環境でグリッド ネットワークとして使用するネットワークを選択します。
      グリッド ネットワークは必須です。
    2. 管理ネットワークを使用する場合は、VMware vSphere環境で管理ネットワークとして使用するネットワークを選択します。使用しない場合は、グリッド ネットワークに対して選択したデスティネーション ネットワークに[Admin Network]をマッピングします。
    3. クライアント ネットワークを使用する場合は、VMware vSphere環境でクライアント ネットワークとして使用するネットワークを選択します。使用しない場合は、グリッド ネットワークに対して選択したデスティネーション ネットワークに[Client Network]をマッピングします。
  6. [Customize template]ページで、必要なStorageGRID Webscale情報を入力します。
    1. [Node Name]にノード名を入力します。
    2. [Grid Network (eth0)]セクションで次の情報を入力します。
      • Grid network IP
      • Grid network mask
      • Grid network gateway
      • Primary Admin IP
    3. [Admin Network (eth1)]セクションで次の情報を入力します。
      • Admin network IP configuration:[Enabled]または[Disabled]を選択します。
      • Admin network IP
      • Admin network mask
      • Grid network gateway
      • Primary Admin IP
      • Admin network external subnet list
    4. [Client Network (eth2)]セクションで次の情報を入力します。
      • Client network IP configuration:[Enabled]または[Disabled]を選択します。
      • Client network IP
      • Client network mask
      • Client network gateway
    プライマリ管理ノードのIPアドレスを省略しても、プライマリ管理ノードまたはADMIN_IPが設定された少なくとも1つのグリッド ノードが同じサブネットにあれば、IPアドレスは自動的に検出されます。
  7. [Finish]をクリックします。
  8. [Next]をクリックし、[Power on after deployment]オプションがオフになっていることを確認してから、[Finish]をクリックして仮想マシンのアップロードを開始します。
  9. フル ノード リカバリでない場合は、導入完了後に次の手順を実行します。
    1. 仮想マシンを右クリックし、[Edit Settings]タブを選択します。
    2. ストレージ用に指定されているデフォルトの仮想ハードディスクを個別に選択し、タブの上部にある[Remove]ボタンをクリックします。
    3. データ リカバリの状況に応じて、ストレージ要件に従って新しい仮想ディスクを追加するか、以前に削除した障害グリッド ノードから保存した仮想ハードディスクを再接続するか、またはその両方を実行します。
      通常、新しいディスクを追加する場合は、ノードのリカバリ前に使用していたものと同じタイプのストレージ デバイスを使用する必要があります。
      注意:提供されるストレージ ノードのOVFには、ストレージの複数のVMDKが定義されています。ノードの電源を入れる前に、これらのVMDKを削除し、ストレージに適切なVMDKまたはRDMを割り当てる必要があります。VMware環境で一般に使用され、管理も容易であるのはVMDKですが、大きなオブジェクト サイズ(たとえば100MB超)を使用するワークロードのパフォーマンスはRDMの方が高くなります。
  10. 仮想マシンの電源をオンにします。

終了後の操作

リカバリを完了するには、対処中の障害に関する手順に戻ります。
リカバリのタイプ 参照先
プライマリ管理ノード リカバリ用プライマリ管理ノードの設定
非プライマリ管理ノード [Start Recovery]の選択による非プライマリ管理ノードの設定
APIゲートウェイ ノード [Start Recovery]の選択によるAPIゲートウェイ ノードの設定
アーカイブ ノード [Start Recovery]の選択によるアーカイブ ノードの設定
ストレージ ノード(仮想) [Start Recovery]の選択によるストレージ ノードの設定