OpenStack:IP変更のためのポートの設定

グリッドのネットワーク トポロジを変更する場合や、IP変更ツールを使用してIPアドレスを作成または編集する場合は、OpenStackでポート設定も実行する必要があります。

タスク概要

注:ノードに管理またはクライアント ネットワークを初めて追加する場合は、IPの変更手順を実行する前に、VMに正しいインターフェイスが設定されていることを確認してください。適切なネットワークにOpenStackポートを作成し、VMに接続しなければならない場合があります。この手順はOpenStackコマンドラインまたはHorizonユーザ インターフェイスを使用して実行する必要があります。IP変更ツールでは実行されません。
注:既存のネットワーク(グリッド、管理、クライアント)のIPアドレスまたはサブネット マスクを変更する場合は、既存のOpenStackポートを編集するか、または新しいIP設定で新しいOpenStackポートを作成して既存のポートを置き換えなければならない場合があります。この手順は、IPの変更前または変更中に実行してください。この手順はOpenStackコマンドラインまたはHorizonユーザ インターフェイスを使用して実行する必要があります。IP変更ツールでは実行されません。