Linux:既存のノードへのインターフェイスの追加

インストール中にLinuxホスト上のノード構成ファイルでADMIN_NETWORK_TARGETまたはCLIENT_NETWORK_TARGETを設定しなかった場合にのみ、既存のノードにインターフェイスを追加する必要があります。

タスク概要

この手順は、ノード内ではなく、新しいネットワーク割り当てが必要なノードをホストしているLinuxサーバで実行する必要があります。この手順ではインターフェイスをノードに追加するだけです。他のネットワーク パラメータを指定しようとすると、検証エラーが発生します。アドレス情報を指定するには、IP変更ツールを使用する必要があります。

ノード構成ファイルの詳細については、使用しているLinuxオペレーティング システムの『インストール ガイド』を参照してください。

手順

  1. 新しいネットワーク割り当てが必要なノードをホストしているLinuxサーバにログインします。
  2. ノード構成ファイル(/etc/storagegrid/nodes/<node-name>.conf)を編集します。
    1. 新しいネットワーク ターゲットを追加します。
      CLIENT_NETWORK_TARGET = bond0.3206
    2. オプション:MACアドレスを追加します。
      CLIENT_NETWORK_MAC = aa:57:61:07:ea:5c
      重要:他のネットワーク パラメータを指定しないでください。検証エラーが発生します。
  3. node validateコマンドを実行します。 sudo storagegrid node validate <node-name>
  4. 検証エラーをすべて解決します。
  5. node reloadコマンドを実行します。 sudo storagegrid node reload <node-name>