グリッド ノード リカバリに必要な項目の収集

メンテナンス手順を実行する前に、障害グリッド ノードのリカバリに必要な情報、ファイル、機器などが揃っていることを確認する必要があります。

注意:
リカバリ処理は、グリッドで現在実行されているバージョンのStorageGRID Webscaleを使用して実行する必要があります。インストール パッケージのファイル名に示されているバージョンが、現在インストールされているStorageGRID Webscaleのバージョンと一致することを確認してください。インストールされているバージョンを確認するには、グリッド管理インターフェイス[Help] > [About]を選択します。
項目 メモ

StorageGRID Webscaleインストール アーカイブ

グリッド ノードをリカバリする必要がある場合は、使用しているプラットフォーム用のStorageGRID Webscaleインストール アーカイブが必要です。

手順については、StorageGRID Webscaleインストール ファイルのダウンロードと展開」を参照してください。

注:ストレージ ノード上の障害ストレージ ボリュームをリカバリする場合、このファイルをダウンロードする必要はありません。
サービス ラップトップ サービス ラップトップは以下を搭載している必要があります。
  • ネットワーク ポート
  • サポートされるブラウザ
  • SSHクライアント(PuTTYなど)
リカバリ パッケージの.zipファイル

最新のリカバリ パッケージ.zipファイルのコピーを取得します。

sgws-recovery-package-id-revision.zip

この.zipファイルの内容は、システムが変更されるたびに更新されます。変更後は、最新バージョンのリカバリ パッケージを安全な場所に保管するよう求められます。グリッド障害からリカバリするには、このコピーを使用します。

注:プライマリ管理ノードが正常に動作している場合は、グリッド管理インターフェイスからリカバリ パッケージをダウンロードできます。[Maintenance] > [Recovery Package]を選択します。
Passwords.txt ファイル コマンドラインでグリッド ノードにアクセスする際に必要なパスワードが含まれています。リカバリ パッケージに含まれています。
プロビジョニング パスフレーズ このパスフレーズは、StorageGRID Webscaleシステムが最初にインストールされるときに作成されて文書化されます。プロビジョニング パスフレーズは、Passwords.txtファイルに含まれていません。
使用しているプラットフォームの最新ドキュメント 現在サポートされているプラットフォームのバージョンについては、Interoperability Matrix Toolを参照してください。

NetApp Interoperability Matrix Tool

ドキュメントについては、プラットフォームのベンダーのWebサイトを参照してください。