Linux:ターゲット ホストへのノードのインポート

ソース ホストからノードをエクスポートしたら、ターゲットのLinuxホストにノードをインポートして検証します。検証では、ソース ホストと同じブロック ストレージおよびネットワーク インターフェイス デバイスにノードがアクセスできるかどうかを確認します。

タスク概要

ターゲットLinuxホストで次のコマンドを実行します。

手順

  1. ターゲット ホストにノードをインポートします。
    sudo storagegrid node import /dev/mapper/sgws-dc1-s3-var-local

    Finished importing node DC1-S3 from /dev/mapper/sgws-dc1-s3-var-local.

    You should run 'storagegrid node validate DC1-S3'

  2. 新しいホストでノードの設定を検証します。
    sudo storagegrid node validate DC1-S3

    Confirming existence of node DC1-S3... PASSED

    Checking configuration file /etc/storagegrid/nodes/DC1-S3.conf for node DC1-S3... PASSED

    Checking for duplication of unique values... PASSED

  3. 検証エラーが発生した場合は、移行したノードを開始する前に対処してください。
    トラブルシューティング情報については、『インストール ガイド』を参照してください。