再インストールのためのアプライアンス ストレージ ノードの準備

アプライアンス ストレージ ノードをリカバリする場合は、最初にStorageGRID Webscaleソフトウェアの再インストール用にアプライアンスを準備する必要があります。

手順

  1. サービス ラップトップから、障害が発生したストレージ ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. StorageGRID WebscaleソフトウェアをインストールできるようにStorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードを準備します。 sgareinstall
  3. continue [y/n]?」というプロンプトに対して次のように入力します: y

    アプライアンスがリブートされ、SSHセッションが終了します。通常は5分程度でStorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラが使用可能になりますが、場合によっては最大で30分待つ必要があります。

    StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードがリセットされ、ストレージ ノード上のデータにアクセスできなくなります。最初のインストール プロセスで設定したIPアドレスは変わっていないはずですが、手順完了時に確認することを推奨します。