すべてのグリッド ノード タイプ:OpenStackノードの交換

OpenStackでホストされていた障害グリッド ノードをリカバリする場合は、最初にOpenStackを使用してリカバリ ノードを導入してから、正しいIPアドレスをこのノードに関連付ける必要があります。この手順は、すべてのタイプのグリッド ノードのリカバリ プロセスの1つの手順です。

開始する前に

仮想マシンをリストアできず、交換しなければならないことを確認しておく必要があります。

タスク概要

この手順は、非アプライアンス ストレージ ノード、プライマリまたは非プライマリ管理ノード、APIゲートウェイ ノード、またはアーカイブ ノードのリカバリ プロセスの一部としてのみ実行します。リカバリするグリッド ノードのタイプに関係なく、手順は同じです。