StorageGRID Webscaleインストール ファイルのダウンロードと展開

StorageGRID Webscaleグリッド ノードをリカバリする前に、ソフトウェアをダウンロードして、サービス ラップトップにファイルを展開する必要があります。

タスク概要

注意:グリッドで現在実行されているバージョンのStorageGRID Webscaleを使用する必要があります。インストール アーカイブ ファイル名にあるバージョンが、現在インストールされているStorageGRID Webscaleのバージョンと同じであることを確認してください。インストールされているバージョンを確認するには、グリッド管理インターフェイスにサインインし、[Help] > [About]をクリックします。

手順

  1. 使用するプラットフォームに応じた.tgzまたは.zipをダウンロードします。
    サービス ラップトップでWindowsを実行している場合は、.zipファイルを使用します。
    プラットフォーム インストール アーカイブ
    VMware
    • StorageGRID-Webscale-version-VMware-uniqueID.tgz
    • StorageGRID-Webscale-version-VMware-uniqueID.zip
    Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOS
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.tgz
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.zip
    UbuntuまたはDebian
    • StorageGRID-Webscale-version-DEB-uniqueID.tgz
    • StorageGRID-Webscale-version-DEB-uniqueID.zip
    OpenStack
    • StorageGRID-Webscale-version-OpenStack-uniqueID.tgz
    • StorageGRID-Webscale-version-OpenStack-uniqueID.zip
    注:ネットアップでは、StorageGRID Webscaleの新規インストールまたは拡張を対象としたOpenStack用の仮想マシン ディスク ファイルおよびスクリプトの提供は終了しましたが、リカバリ用のファイルおよびスクリプトは引き続き提供しています。該当するファイルをダウンロードして、このガイドのOpenStack用リカバリ手順に従ってください。
  2. アーカイブ ファイルを展開します。
  3. プラットフォーム、計画されているグリッド トポロジ、およびリカバリが必要なグリッド ノードに基づいて、必要なファイルを選択してください。

    次の表のパスは、アーカイブ ファイルでインストールされる最上位ディレクトリからの相対パスです。

    表 1. VMwareファイル
    ファイル名 説明
    /vsphere/README StorageGRID Webscaleダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    /vsphere/NLF000000.txt

    製品サポートのない無償ライセンス。

    /vsphere/NetApp-SG-version-SHA.vmdk グリッド ノード仮想マシンを作成するためのテンプレートとして使用される仮想マシン ディスク ファイル。

    /vsphere/vsphere-primary-admin.ovf

    /vsphere/vsphere-primary-admin.mf

    プライマリ管理ノードを導入するためのOpen Virtualization Formatテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    /vsphere/vsphere-non-primary-admin.ovf

    /vsphere/vsphere-non-primary-admin.mf

    非プライマリ管理ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    /vsphere/vsphere-archive.ovf

    /vsphere/vsphere-archive.mf

    アーカイブ ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    /vsphere/vsphere-gateway.ovf

    /vsphere/vsphere-gateway.mf

    APIゲートウェイ ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    /vsphere/vsphere-storage.ovf

    /vsphere/vsphere-storage.mf

    非アプライアンス ストレージ ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。
    導入スクリプト ツール
    /vsphere/deploy-vsphere-ovftool.sh 仮想グリッド ノードの導入を自動化するためのBashシェル スクリプト。
    /vsphere/deploy-vsphere-ovftool-sample.ini deploy-vsphere-ovftool.shスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    /vsphere/configure-sga.py StorageGRID Webscaleアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /vsphere/configure-storagegrid.py StorageGRID Webscaleシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /vsphere/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    /vsphere/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    表 2. Red Hat Enterprise Linuxファイル
    パスとファイル名 説明
    /rpms/README StorageGRID Webscaleダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    /rpms/NLF000000.txt

    製品サポートのない無償ライセンス。

    /rpms/StorageGRID-Webscale-Images-version-SHA.rpm RHELホストにStorageGRID Webscaleノード イメージをインストールするためのRPMパッケージ。
    /rpms/StorageGRID-Webscale-Service-version-SHA.rpm RHELホストにStorageGRID Webscaleホスト サービスをインストールするためのRPMパッケージ。
    導入スクリプト ツール
    /rpms/configure-storagegrid.py StorageGRID Webscaleシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /rpms/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    /rpms/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    /rpms/configure-sga.py StorageGRID Webscaleアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /rpms/extras/ansible StorageGRID Webscaleコンテナ導入用のRHELホストを設定するためのAnsibleのロールとサンプルのAnsibleプレイブック。必要に応じて、プレイブックまたはロールをカスタマイズできます。
    表 3. Ubuntuファイル
    パスとファイル名 説明
    /debs/README StorageGRID Webscaleダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    /debs/NLF000000.txt

    製品サポートのない無償ライセンス。

    /debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.deb UbuntuホストにStorageGRID Webscaleノード イメージをインストールするためのDEBパッケージ。
    /debs/storagegrid-webscale-service-version-SHA.deb UbuntuホストにStorageGRID Webscaleホスト サービスをインストールするためのDEBパッケージ。
    導入スクリプト ツール
    /debs/configure-storagegrid.py StorageGRID Webscaleシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /debs/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    /debs/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    /debs/configure-sga.py StorageGRID Webscaleアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /debs/extras/ansible StorageGRID Webscaleコンテナ導入用のUbuntuホストを設定するためのAnsibleのロールとサンプルのAnsibleプレイブック。必要に応じて、プレイブックまたはロールをカスタマイズできます。
    表 4. OpenStackファイル
    ファイル 説明
    /openstack/README StorageGRID Webscaleダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    /openstack/NLF000000.txt 製品サポートのない無償ライセンス。
    /openstack/NetApp-SG-version-SHA.vmdk OpenStackイメージからすべてのグリッド ノード タイプを作成するために使用される仮想マシン ディスク ファイル。
    /openstack/deploy_sgws_openstack-version-py2-none-any.whl 以下のOpenStack導入ユーティリティをインストールするためにPythonのpipインストール ツールで使用されるインストール パッケージ(.whlファイル)。

    deploy-sgws-openstack

    /openstack/deploy-sgws-openstack.sample.ini deploy-sgws-openstack導入ユーティリティで使用するサンプル構成ファイル。
    導入スクリプト ツール
    /openstack/configure-sga.py StorageGRID Webscaleアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /openstack/configure-storagegrid.py StorageGRID Webscaleシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /openstack/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    /openstack/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    /openstack/extras 導入を支援する追加ファイルが格納されたフォルダ(現状のまま提供されます)。このフォルダ内のファイルは特定の環境で役立つ可能性がありますが、サポート対象外です。