すべてのグリッド ノード タイプ:Linuxノードの交換

障害に対処するために新しい物理 / 仮想ホストを導入するか、または既存のホストにLinuxを再インストールする必要がある場合は、個々のグリッド ノードをリカバリする前に交換ホストを導入して設定する必要があります。この手順は、すべてのタイプのグリッド ノードのリカバリ プロセスの1つの手順です。

タスク概要

このガイドの「Linux」という用語は、Red Hat® Enterprise Linux®、Ubuntu®、CentOS®、またはDebian®の環境を指しています。サポート対象バージョンの一覧については、NetApp Interoperability Matrix Toolを参照してください。

この手順は、仮想ストレージ ノード、プライマリまたは非プライマリ管理ノード、APIゲートウェイ ノード、またはアーカイブ ノードのリカバリ プロセスの一部としてのみ実行します。リカバリするグリッド ノードのタイプに関係なく、手順は同じです。

物理または仮想Linuxホストで複数のグリッド ノードがホストされている場合は、任意の順序でグリッド ノードをリカバリできます。ただし、プライマリ管理ノード(存在する場合)を最初にリカバリすると、他のグリッド ノードがリカバリを登録するためにプライマリ管理ノードに接続しようとしてそのノードのリカバリが停止するのを回避できます。

手順

  1. 新しいLinuxホストの導入
  2. ホストへのグリッド ノードのリストア

終了後の操作

リカバリ中に対応処置が不要であった場合は、既存のノードをホストにリストアした時点でグリッド ノードのリカバリが完了することがあります。「次の手順」では、グリッド ノードのリカバリが完了したかどうかを判断する方法について説明し、追加の手順が必要な場合に各ノード タイプで実行する次の操作を記載します。