運用停止がデータ セキュリティに与える影響

データ セキュリティを確保するには、運用停止手順の完了後に、運用停止したグリッド ノードのドライブを消去する必要があります。グリッド ノードの運用を停止しても、そのノードのデータは安全に削除されません。

運用停止するグリッド ノードのタイプによっては、コンテンツがStorageGRID Webscaleシステムの別の場所にコピーされる場合がありますが、運用停止されたグリッド ノードから完全に削除されることはありません。運用停止プロセスでは、運用停止するグリッド ノードの証明書が削除されるため、そのグリッド ノードは他のグリッド ノードと通信できなくなります。運用停止したグリッド ノードはStorageGRID Webscaleシステムで認識されなくなりますが、そのグリッド ノードのデータのコピーはStorageGRID Webscaleシステムに存在したままになります。