オブジェクト検証処理の監視

StorageGRID Webscaleシステムでは、バックグラウンド検証とフォアグラウンド検証を使用してストレージ ノード上のオブジェクト データの整合性を検証できます。

開始する前に

グリッド管理インターフェイスにはサポートされているブラウザを使用してサインインする必要があります。

タスク概要

検証プロセスには、バックグラウンド検証とフォアグラウンド検証の2つがあります。これらを組み合わせて使用することでデータの整合性を確保します。バックグラウンド検証は、オブジェクト データの正確性を継続的にチェックするために自動的に実行されます。フォアグラウンド検証は、オブジェクト データの有無(正確性ではなく)をより迅速に確認するためにユーザによってトリガーされます。

バックグラウンド検証では、すべてのストレージ ノードが自動的かつ継続的にチェックされて、レプリケート オブジェクト データとイレイジャー コーディング オブジェクト データのコピーが破損していないかどうかが確認されます。問題が見つかった場合、StorageGRID Webscaleシステムは、システム内の別の場所に格納されているコピーから、破損したオブジェクト データを自動的に置き換えます。バックグラウンド検証はアーカイブ ノード上では実行されません。

フォアグラウンド検証プロセスでは、特定のストレージ ノードでレプリケート オブジェクト データとイレイジャー コーディング オブジェクト データの有無が確認され、その場所にあるべきオブジェクトがチェックされます。ストレージ ノードのすべてのオブジェクト ストアまたは一部のオブジェクト ストアでフォアグラウンド検証を実行して、ストレージ デバイスとの整合性に問題がないかを確認できます。多数のオブジェクトが欠落している場合は、ストレージに問題がある可能性があります。

[LDR] > [Verification]および[LDR] > [Erasure Coding]ページでは、バックグラウンド検証とフォアグラウンド検証の結果(検出された破損オブジェクトや欠落オブジェクトなど)を確認できます。オブジェクト データの破損や欠落が見つかった場合は、すぐに調べて根本原因を特定する必要があります。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. 検証結果を確認します。
    • レプリケート オブジェクト データの検証結果を確認するには、[Storage Node] > [LDR] > [Verification] > [Overview] > [Main]を選択します。
      [LDR] > [Verification]の属性を示すスクリーンショット
    • イレイジャー コーディング フラグメントの検証結果を確認するには、[Storage Node] > [LDR] > [Erasure Coding] > [Overview] > [Main]を選択します。
      [LDR] > [Erasure Coding]の属性を示すスクリーンショット