グリッド ノードとサービスの概要

データセンター サイトは、相互に接続された一連のグリッド ノードで構成されます。各グリッド ノードには、それぞれ固有の処理を実行する特定のサービスが含まれています。

グリッド ノード

StorageGRID Webscaleシステムの基本となるビルディング ブロックはグリッド ノードです。グリッド ノードには次の4種類があります。
  • 管理ノード:システムの設定、監視、ロギングなどの管理サービスを提供します。
  • ストレージ ノード:オブジェクトのデータとメタデータの格納(損失からの保護を含む)を管理します。
  • アーカイブ ノード(オプション):オブジェクト データを長期保管用に外部アーカイブ ストレージ システム(テープまたはクラウド)にアーカイブするためのインターフェイスを提供します。
  • APIゲートウェイ ノード(オプション):アプリケーションからの接続に使用できるStorageGRID Webscaleシステムへのロード バランシング インターフェイスを提供します。

次の図は、StorageGRID Webscaleシステムにおけるグリッド ノードとサービスの配置を示しています。
説明が付随している図

サービス

各グリッド ノードには、それぞれ固有の機能を提供する一連のサービス(ソフトウェア モジュール)が含まれています。これらのサービスが連携して、オブジェクトのライフサイクルにおける取り込み、読み出し、削除などの処理が実行されます。次の表に、含まれているサービスをグリッド ノードの種類別に示します。
サービス 目的 管理ノード ストレージ ノード アーカイブ ノード APIゲートウェイ ノード
Administrative Domain Controller(ADC) トポロジの情報を管理し、認証サービスを提供します。   チェックマーク    
Audit Management System(AMS) システムのアクティビティとイベントを追跡します。 チェックマーク      
Archive(ARC) オブジェクト データを外部アーカイブ ストレージ システム(テープまたはクラウド)に送信するアーカイブ サービスと通信します。     チェックマーク  
Connection Load Balancer(CLB) クライアントを最も効率的なLDRサービスに接続するためのスイッチボードとして機能します。       チェックマーク
Configuration Management Node(CMN) システム全体の設定、接続プロファイル、およびグリッド タスクを管理します。 チェックマーク(プライマリ管理ノードのみ)      
Content Management System(CMS) 従来のILMシステムがキューに登録するオブジェクト データを管理します。   チェックマーク    
Distributed Data Store(DDS) データベースを監視し、オブジェクト数をカウントします。   チェックマーク    
Local Distribution Router(LDR) ディスクへのオブジェクト データの格納を管理します。   チェックマーク    
Network Management System(NMS) グリッド管理インターフェイスを介して表示される監視、レポート、および設定のオプションを強化します。 チェックマーク      
Server Status Monitor(SSM) 主要なオペレーティング システムの指標やネットワークの指標など、ハードウェアのパフォーマンスを監視します。 チェックマーク チェックマーク チェックマーク チェックマーク

共通のサービス

Server Status Monitor(SSM)サービスはすべてのグリッド ノードに含まれています。このサービスは、主要なオペレーティング システムの指標やネットワークの指標など、ハードウェアのパフォーマンスを監視します。SSMサービスには次のコンポーネントが含まれています。

サービス コンポーネント 目的

SSM

グリッド トポロジ ツリー内のSSMサービスとコンポーネントを示すスクリーンショット
Services グリッド ノードで実行されているサービスとサポート モジュールのステータスを表示します。
Events

サービスのイベントに関する情報を表示します。

イベント数をリセットします。

Resources

サービスのリソース情報(プロセッサ、メモリ、インターフェイス、ボリューム、IPアドレス)を表示します。

ネットワーク エラー数をリセットします。

Timing サービスの時間とネイバー サービスによって記録された時間の状態についてレポートする属性を表示します。

共通のコンポーネント

EventsコンポーネントとResourcesコンポーネントはすべてのサービスに含まれています。

サービス コンポーネント 目的

すべて

グリッド トポロジ ツリー内の共通コンポーネントを示すスクリーンショット
Events ハードウェア ドライバから記録されたイベントを表示します。
Resources サービスの健常性とコンピューティング、ディスク デバイス、およびネットワークのすべてのリソースについてレポートする属性を表示します。