StorageGRID Webscaleでのハイブリッド クラウド戦略

ポリシーベースのデータ管理を使用してAWS S3にオブジェクトを格納するか、またはStorageGRID Webscaleプラットフォーム サービスを利用することで、ハイブリッド クラウド戦略を実装できます。

グリッドでInformation Lifecycle Management(ILM;情報ライフサイクル管理)ルールを定義する際に、アーカイブ ノードを使用してAWS S3をオブジェクトのデスティネーションとして指定できます。AWS S3に格納されたアーカイブ オブジェクトは、StorageGRID Webscaleで管理されます。つまり、クライアントはオブジェクトの場所を意識することなく、オブジェクトの格納、取得、更新を引き続きグリッドから直接実行できます。

プラットフォーム サービスでは、リモート サービスをオブジェクト レプリケーション、イベント通知、または検索統合のエンドポイントとして使用できます。プラットフォーム サービスは、グリッドのILMルールとは独立して動作し、個々のS3バケットで有効化されます。サポートされるサービスは次のとおりです。

CloudMirrorレプリケーションを使用すれば、StorageGRID Webscaleインスタンスを独自に所有する姉妹組織に特定の顧客レコードをミラーリングして、組織をまたがるハイブリッド グリッドを作成できます。該当するオブジェクトを受信するたびにサードパーティの監視アプリケーションに通知を送信してどのレコードが転送されたかを追跡する一方で、Elasticsearchインデックスにオブジェクト メタデータを送信して分析を行うことができます。