ストレージ容量の監視

StorageGRID Webscaleシステムのストレージ スペースが不足しないように、ストレージ ノードの使用可能な合計スペースを監視することができます。この情報は、導入環境レベル、サイト レベル、およびグリッド ノード レベルで確認できます。各ストレージ ノードのオブジェクト ストア0でオブジェクト メタデータに使用できるスペースの容量を監視することもできます。

開始する前に

グリッド管理インターフェイスにはサポートされているブラウザを使用してサインインする必要があります。

手順

  1. [Dashboard]を選択します。
  2. [Available Storage]の情報を確認します。

    グリッド管理インターフェイス ダッシュボードのスクリーンショット
  3. [Grid]を選択し、任意のストレージ ノード > [LDR] > [Storage] > [Overview] > [Main]ページを選択します。

    [LDR] > [Storage] > [Overview] > [Main]を示すスクリーンショット
  4. Total Usable Space(STAS)属性を一定の期間にわたって監視して、使用可能なストレージ スペースが消費される推定速度を計算します。
    使用可能なスペースは、オブジェクトの格納に使用できる実際のストレージ スペースの量です。ストレージ スペースの詳細については、『管理者ガイド』を参照してください。

    システムの正常な運用を維持するには、ストレージ ディスクの使用可能なスペースを使い切る前に、ストレージ ノードを追加するか、ストレージ ボリュームを追加するか、オブジェクト データをアーカイブする必要があります。

    次の例では、使用可能なストレージ スペースが1カ月に約4%減少しており、このストレージ ノードのスペースはあと8カ月ほどでなくなると推定できます。
    一定期間の使用可能な合計スペースのグラフを示すスクリーンショット
  5. [Grid]を選択し、任意の[Storage Node] > [DDS] > [Datastore]ページを選択します。
  6. [Overview]タブで、「Data Load (Percent) (CDLP)」属性の現在の値をメモします。
    デフォルトでは、各ストレージ ノードの1番目のストレージ ボリューム上のCassandraデータベース用に2TBのスペースが予約されます。Cassandraは、圧縮や修復などの必須処理を実行するために一定量の空きストレージ スペースを必要とします。メタデータの負荷が容量の60%を超えると、これらのCassandra処理に影響します。ストレージ ノードを追加してStorageGRID Webscaleシステムを拡張する必要があります。ストレージが追加されると、すべてのストレージ ノード間でオブジェクト メタデータが自動的にリバランシングされ、アラームが解除されます。