オブジェクト データの損失からの保護

ILMルールは、オブジェクト データを損失から保護するための2つのメカニズム、レプリケーションとイレイジャー コーディングを提供します。

レプリケーション

レプリケーションを使用してオブジェクト データを損失から保護する場合は、オブジェクト データの完全なコピーが作成され、複数のストレージ ノードまたはアーカイブ ノードに格納されます。ILMルールは、作成するコピーの数と作成先、およびシステムでのコピーの保持期間を決定します。ストレージ ノードの損失によってコピーが失われても、StorageGRID Webscaleシステムの別の場所にコピーがあれば、オブジェクトを引き続き利用できます。

イレイジャー コーディング

イレイジャー コーディングを使用してオブジェクト データを損失から保護する場合は、イレイジャー コーディング スキームがオブジェクト データに適用されます。イレイジャー コーディング スキームは、オブジェクト データを複数のデータ フラグメントとパリティ フラグメントに分割して、複数のストレージ ノードに分散します。一部のフラグメントが失われた場合でも、残りのフラグメントにエンコードされている情報を使用してオブジェクト データをリカバリできます。