ILM評価の監視

ILM評価に関する属性を追跡することで、StorageGRID Webscaleシステムによるオブジェクトの管理状況を監視できます。

開始する前に

グリッド管理インターフェイスにはサポートされているブラウザを使用してサインインする必要があります。

タスク概要

オブジェクトは、StorageGRID Webscaleシステム用に定義されたILMポリシーを適用して管理されます。ILMポリシーとそれに関連付けられたILMルールによって、コピーの作成数と作成方法、適切な格納場所、各コピーの保持期間が決まります。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. [deployment] > [ Overview] > [Main]を選択します。

    説明が付随するスクリーンショット
  3. [ILM Activity]セクションで、ILM評価の主な属性を確認します。
    Awaiting - All
    ILM評価を待っているオブジェクトの合計数です。
    Awaiting - Client
    クライアント処理(取り込みなど)のためにILM評価を待っているオブジェクトの合計数です。
    Scan Rate
    グリッドのオブジェクトがスキャンされてILMのキューに登録される速度です。
    Scan Period - Estimated
    ILMによるすべてのオブジェクトのフル スキャンが完了するまでの推定時間です。
    注:フル スキャンが完了しても、ILMがすべてのオブジェクトに適用されるとは限りません。
    Awaiting - Evaluation Rate
    グリッドのオブジェクトがILMポリシーに照らして評価される現在の速度です。
    Repairs Attempted
    レプリケート データの修復処理が試行されたオブジェクトの合計数です。この数は、LDRがリスクの高いオブジェクトの修復を試行するたびに増分します。グリッドがビジー状態になった場合は、リスクの高いILMの修復が優先されます。
    注:修復後にレプリケーションに失敗した場合は、同じオブジェクトの修復で再度増分される可能性があります。