StorageGRID Webscaleのデータの更新

グリッド管理インターフェイスシステムで提供される情報はスピードが重要です。表示される情報はいつでも更新できます。

更新のタイムスタンプは、表示データが収集された時刻を示します。つまり、システムのステータスの「スナップショット」が最後に作成された時刻です。ローカル時間はユーザ アカウントの設定で決まります。情報は設定された間隔(デフォルトは15秒)で自動的に更新されます。

表示を手動で更新するには、タイムスタンプをクリックするかブラウザを更新します。グリッド管理インターフェイスを開いたまま処理を行わずにいると、設定したタイムアウトを過ぎた時点でセッションが期限切れになり、[Sign In]ページに戻ります。