属性の種類

StorageGRID Webscaleシステムには、概要の属性と個別の属性の2種類があります。

概要の属性

導入環境、データセンター サイト、またはグリッド ノードについての大まかな情報を把握するのに便利です。

概要の属性には、ストレージ容量、ILMのアクティビティ、APIの操作、アーカイブ ノードのオブジェクト数など、機能や操作の概要を示す属性があります。概要の属性は、StorageGRID Webscaleシステムの導入環境、データセンター サイト、またはグリッド ノードの[Grid] > [Overview] > [Main]ページに表示されます。

概要の属性は、個々のグリッド ノードやサービスの属性の値から一定の間隔で算出され、導入環境、データセンター サイト、またはグリッド ノードに関する情報を確認する便宜的な手段として提供されます。概要の属性の値は、計算を行った時点の属性の値に基づいて算出された概算値であることに注意してください。伝播にかかる時間により、StorageGRID Webscaleシステムで概要の属性の最新の値がレポートされるまでに遅れが生じることがあります。

個別の属性

特定のデータセンター サイト、グリッド ノード、サービス、およびコンポーネントに関する情報を提供します。