コンテンツの保護:レプリケーション

取り込みの完了後、オブジェクト データのレプリケート コピーを作成するようにILMルールのコンテンツ配置手順で規定されている場合は、設定されたストレージ プールを構成するストレージ ノードのLDRサービスを通じてコピーが作成されてディスクに格納されます。

データ フロー

レプリケーションの動作はCMSサービスで制御され、正しい数のコピーが正しい場所に正しい期間にわたって格納されます。
説明が付随しているプロセスを示す図
  1. CMSサービスから、ADCサービスを照会することでILMポリシーで定義されたストレージ プール内の最適なデスティネーションLDRサービスが特定され、そのLDRサービスにレプリケーションを開始するコマンドが送信されます。
  2. デスティネーションLDRサービスから、ADCサービスを照会することで最適なソースの場所が特定され、そのソースLDRサービスにレプリケーション要求が送信されます。
  3. ソースLDRサービスからデスティネーションLDRサービスにコピーが送信されます。
  4. デスティネーションLDRサービスからCMSサービスに、オブジェクト データが格納されたことが通知されます。
  5. CMSサービスにより、DDSサービスのオブジェクトの場所を示すメタデータが更新されます。

レプリケーションに関連する属性

次の表に、オブジェクトのレプリケーションの追跡に使用される主な属性を示します。

コンポーネント 属性の変化
CMS > Content ILM Evaluations(ILev):現在までに実行されたILM評価の合計回数が、取り込み後のオブジェクトの評価時とオブジェクト データのコピーの作成時に1回ずつ増えます。
注:評価の回数は、StorageGRID WebscaleシステムのILMルールに基づいて決まります。

Total Transfers(DCdT):システム起動後のCMSサービスによるオブジェクト転送の回数が、オブジェクト データのコピーが作成されるたびに1回ずつ増えます。

LDR > Storage

Total Usable Space(STAS):オブジェクトの格納に現在使用できるストレージ スペースの合計容量が、オブジェクトのサイズに相当する分だけ減ります。

Total Usable Space (Percent)(SAVP):オブジェクトの格納に現在使用できるストレージ スペースの合計容量の割合が、オブジェクトのサイズに相当する分だけ減ります。

Total Persistent Data (Percent)(SPSD):永続的な格納データの推定サイズが、オブジェクトのサイズに相当する分だけ増えます。

Total Persistent Data (Percent)(SPDP):各デスティネーションLDRサービスで永続的データの格納に使用される合計ストレージ スペースに対する割合が、レプリケート オブジェクトのサイズに相当する分だけ増えます。

Objects Retrieved(ORET):ソースLDRサービスから読み出された永続的なオブジェクトの数が1つ増えます。

Objects Committed(OCOM):各デスティネーションLDRサービスの永続的なオブジェクトの格納数が、レプリケート コピーが作成されるたびに1つずつ増えます。

destination LDR > Replication Inbound Replications Completed(RIRC):デスティネーションLDRサービスにレプリケートされたオブジェクトの合計数が1つ増えます。
source LDR > Replication Outbound Replications Completed(RORC):ソースLDRサービスからレプリケートされたオブジェクトの合計数が1つ増えます。