リカバリ パッケージとシステム構成情報

リカバリ パッケージは、1つ以上のグリッド ノードで障害が発生した場合に、ダウンロードしてStorageGRID Webscaleシステムをリカバリできるzipファイルです。リカバリ パッケージ ファイルには、Software Activation and Integration Data(SAID)パッケージと暗号キーが含まれています。SAIDパッケージには、Passwords.txtファイルが含まれています。

リカバリ パッケージには、StorageGRID Webscaleシステムのインストール、拡張、アップグレード、および保守に必要な導入環境に固有のファイルとソフトウェアが含まれています。また、設定や統合に関するシステム固有の情報(サーバのホスト名やIPアドレスなど)に加え、システムの保守、アップグレード、拡張の際に必要になる機密パスワードも含まれています。StorageGRID Webscaleシステムをインストールするときは、リカバリ パッケージ ファイル(.zip)をダウンロードし、このファイルのコンテンツに正常にアクセスできることを確認する必要があります。このファイルは、StorageGRID Webscaleシステムのグリッド トポロジの変更に伴い、メンテナンスやアップグレードの手順が必要になったときも、毎回ダウンロードする必要があります。

リカバリ パッケージ ファイルをダウンロードしてコンテンツを展開できることを確認したら、異なる2つの安全な場所にリカバリ パッケージ ファイルをコピーします。

重要:リカバリ パッケージ ファイルにはStorageGRID Webscaleシステムからデータを取得するための暗号キーとパスワードが含まれているため、安全に保管する必要があります。