ネットワーク トポロジ

StorageGRID Webscaleシステムでは、グリッド ノードあたり最大3つのネットワーク インターフェイスがサポートされ、各グリッド ノードのネットワークをセキュリティやアクセスの要件に応じて構成することができます。各ネットワークでサブネットを使用して、アクセスを制限したりネットワーク セグメントを保護したりできます。

各グリッド ノードには使用可能なイーサネット ポートが複数あり、各ポートからそれぞれ独立したネットワーク(構成されている場合)にアクセスできます。これらのポートは、ノードの構成に応じて、ハードウェア ポートの場合と仮想ポートの場合があります。グリッドを構成するときに、これらのインターフェイスを使用して、グリッド ノードに接続する独立したネットワークを追加で作成することができます。これらの独立したネットワークには、それぞれ異なる機能があります。

各ノードでは、各ネットワークが特定のネットワーク インターフェイスにマッピングされます。

ネットワーク インターフェイス
グリッド ネットワーク(必須) eth0
管理ネットワーク(オプション) eth1
クライアント ネットワーク(オプション) eth2
ネットワークを構成するときは、各グリッド ノードの各インターフェイスについて以下を確立する必要があります。

各グリッド ノードの3つのネットワークのそれぞれについて、IPアドレス / マスク / ゲートウェイの組み合わせを1つだけ設定できます。

非ルーティング ネットワークの場合は、ゲートウェイはオプションであり、未設定でもかまいません。初期アドレスの割り当てにはDHCPを使用できます。ただし、StorageGRID Webscaleノードでは、DHCPから割り当てられたIPアドレスをインストールの完了後に変更することはできません。この状況を避けるために、無期限のリースを使用するか、StorageGRID Webscaleの特定のインターフェイスに対して常に同じIPアドレスを提供するようにDHCPサーバを設定してください。たとえば、該当するDHCPサーバの構成ファイルでMAC / IPマッピングをプロビジョニングします。